佐々木修 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県安芸郡坂町
生年月日 (1962-10-09) 1962年10月9日(54歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 1985年4月6日
最終出場 1994年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

佐々木 修(ささき おさむ、1962年10月9日 - )は、広島県安芸郡坂町出身の元プロ野球選手投手)・野球指導者、野球解説者野球評論家スポーツキャスターNOMOベースボールクラブ理事

来歴・人物[編集]

広島工大付属工業高校から近畿大学工学部(キャンパス)に進み、同工学部硬式野球部[1]のエースとして活躍。広島六大学野球リーグでは在学中4回優勝。1984年の第15回明治神宮野球大会では、準決勝で園川一美のいた日体大を降し、決勝進出。河野博文投手を擁する駒大に1-3で惜敗するが、広島六大学加盟チームとしては初めての準優勝を果たす。同年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団。

ルーキーイヤーとなる1985年の対西武開幕戦でリリーフ救援登板し、プロデビュー。同年7月11日の日本ハム戦でプロ初先発初完封勝利[2]。1986年に当時日本記録の35試合連続本塁打を続けていた西武との9月28日の試合で1対1の引き分けながら長打を許さず、9回完投して記録を阻止した[2]サイドスローアンダースローからスライダーシンカーを駆使し、主力投手として活躍した。

1988年二軍の対中日ドラゴンズ戦に登板した佐々木は、ラルフ・ブライアント本塁打を浴びる。だが、このことがブライアントのシーズン途中入団・ブレイクにつながった。同年のペナントレースは開幕から独走した首位西武を近鉄が後半追い込み、一進一退の首位争い。西武が先に全日程を終了し、近鉄は残り4試合。10月17日の対阪急ブレーブス戦で痛恨の敗戦を喫し、優勝するためには残る対ロッテ・オリオンズ戦3試合に全勝するしかなくなった。落胆の思いのナインを乗せたバスは翌日の東京遠征に備え、そのまま名神高速道路を走り、京都へ向かう。沈痛な車内で大石大二郎は、後方にいた佐々木に「何か…頼む」と促す。立ち上がった佐々木は、声をふりしぼって近鉄の球団歌「近鉄バファローズの歌」を歌いだし、期せずして車内は大合唱となる。大の男たちがボロボロ泣きながら自分たちの球団歌を絶唱する光景を背に、監督の仰木彬は「これで負けても悔いはない。チームがひとつになったから…」と熱いものがこみ上げた。それが10.19ダブルヘッダーとなった(『サンケイスポーツ』2007年5月19日)。

1991年、先発投手として自己最多となるシーズン10勝を挙げ、日韓プロ野球スーパーゲームにも出場した。

1994年に現役引退。その後は朝日放送1995年 - 2005年)、スカイ・A2006年 - 2008年)野球解説者、テレビ朝日サタデージャングル』、ABCテレビおはよう朝日です』のスポーツキャスター、日刊スポーツ野球評論家として活動。その間、2006年からは、現役時代の同僚梨田昌孝の個人事務所であったマネジメント会社トゥルーマサに第2号タレントとして所属するほか、近鉄の後輩野茂英雄が設立したノンプロチーム・NOMOベースボールクラブ理事へ就任[3]

2009年オリックス・バファローズの一軍投手チーフコーチに就任した。現役時代から付き合いのある監督の大石大二郎の要請によるものだった。また、佐々木との交友が縁で、野茂がテクニカル・アドバイザーとして招聘された。同年春頃には、マネジメント会社もトゥルーマサからホリプロ大阪支社へ移している[4]。同年6月18日、投手陣の不振の責任を取らされる形で二軍投手コーチへ降格し、シーズン終了後に解任された。

二枚目で知られておりファンも多く、息子の佐々木尚遙も関西ジャニーズJr.として活動していた。また、ジャニーズ事務所所属タレントによる野球大会ではチームの監督を務めることがある。

現在、大阪市北区曽根崎新地で「あみ焼 ささ木」という飲食店を経営している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 近鉄 19 13 2 1 1 3 6 0 -- .333 327 72.0 90 11 20 2 8 28 1 0 50 40 5.00 1.53
1986 28 25 4 0 1 8 6 0 -- .571 602 139.1 157 20 36 1 8 88 1 0 74 69 4.46 1.39
1987 24 16 0 0 0 3 8 0 -- .273 446 99.0 115 16 36 2 6 32 1 1 58 53 4.82 1.53
1988 11 4 0 0 0 1 4 0 -- .200 78 16.2 22 5 10 1 2 5 0 0 14 14 7.56 1.92
1989 20 1 0 0 0 1 2 0 -- .333 192 43.1 58 10 14 3 2 18 0 0 30 27 5.61 1.66
1990 29 17 2 1 0 8 7 1 -- .533 517 119.2 133 13 39 0 5 31 2 0 67 58 4.36 1.44
1991 24 21 7 1 1 10 4 1 -- .714 602 145.2 138 19 40 2 3 45 2 0 61 52 3.21 1.22
1992 19 10 0 0 0 1 1 0 -- .500 278 63.2 81 7 16 1 3 20 0 0 29 29 4.10 1.52
1993 5 2 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 87 19.2 20 0 9 0 0 5 1 0 11 9 4.12 1.47
1994 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 22 4.1 6 0 2 0 0 1 0 0 4 3 6.23 1.85
通算:10年 181 110 15 3 3 36 38 2 -- .486 3151 723.1 820 101 222 12 37 273 8 1 398 354 4.40 1.44

記録[編集]

背番号[編集]

  • 17 (1985年 - 1994年)
  • 91 (2009年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

連載コラム[編集]

イメージキャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]