STAR☆MUSIC☆SUNDAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
STAR☆MUSIC☆SUNDAY
愛称 ほしおん
ジャンル 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 2013年1月6日 -
放送時間 日曜日 13:00 - 17:00
放送局 朝日放送ラジオ
パーソナリティ しもぐち☆雅充
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2013年3月31日までは13:30 - 17:00、2013年度は13:00 - 17:00、2014年4月6日から2016年9月25日までは12:30 - 17:00に放送。
ABCフレッシュアップベースボール(原則阪神戦)」放送日は試合開始5分前までの短縮放送とするが、中止・早終了時はデーゲーム中継のスポンサー付き「フレッシュアップベースボール・ほしおんedition」の題名で通常放送する。オールスターゲーム予備日も同様の体裁で放送する。
テンプレートを表示

STAR☆MUSIC☆SUNDAY」(スター☆ミュージック☆サンデー)とは、朝日放送ラジオ(ABCラジオ)[1]2013年1月6日から放送中の音楽番組。通称「ほしおん」。

番組概要[編集]

「完全熱唱系音楽番組」というキャッチフレーズで、2012年1月から12月まで毎週土曜日日曜日の21時台に朝日放送(当時)で放送されていた『しもぐち☆雅充の今夜は歌わナイト』の後継番組。同番組に続いてしもぐち☆雅充(関西を中心に活動するDJミュージシャン)が1人でパーソナリティを務めることから、番組タイトルには彼の芸名および愛称にちなんで「☆(スター)」を入れている。

当番組のキャッチフレーズは、「やっぱり完全熱唱系の音楽エンターテイメントバラエティー番組」[2]。リスナーのメインターゲットを30代・40代に定めながら[3]、邦楽・洋楽を問わずリスナーから楽曲のリクエストを幅広く受け付ける。放送中には、リクエスト曲を含めて、ある共通のテーマ(「歌詞に同じ言葉が入っている」「歌い手が同じ」など)に沿った複数の楽曲を立て続けに流すことが多い。

また、しもぐちがスポーツの話題を語る「ほしおん☆スポーツ」、リスナーからのリクエストを基にある1曲をフルコーラスで“熱唱”する「昼でも歌わナイト」、リスナーが参加できる「ほしおん☆クイズ」などのコーナーも放送[2]。前番組『日曜さくらい倶楽部』の放送枠をそのまま引き継いだことから、「ABC朝日ニュース(2013年4月以降はABCニュース)」「ABC天気予報」「ABC交通情報」も内包している。「ABC交通情報」では、(緊急時を除いて)しもぐちが当日のメッセージテーマについて日本道路交通情報センター[4]の担当者[5]と短めのトークを展開している。朝日放送ラジオの生ワイド番組としては同じ日曜に放送される『Cheers!』でも交通情報センターとのフリートークがある。

番組開始当初は『日曜さくらい倶楽部』時代に続いて15時台に「中央競馬実況中継『THE KEIBA』」を放送していた[6]。しかし朝日放送(当時)が2013年3月で競馬中継から完全に撤退したことを機に、競馬中継枠を他のコーナーに充てている。ちなみにエンディングには必ず(短縮版であっても)リリィ喜代口&ホセ雅口(しもぐちと谷口キヨコによるユニット)の楽曲「ハッピーエンド」を流す。

2013年4月7日からは放送枠を13:00 - 17:00、1年後の2014年4月6日からは12:30 - 17:00に拡大するも、2016年10月2日から12時台後半に新番組が組まれたため、同日から13時開始に戻された。プロ野球シーズン中に阪神タイガースのデーゲームを『ABCフレッシュアップベースボール』シリーズで中継する場合には、原則として試合開始予定時刻の5分前まで、同中継の前座番組扱いで短縮版(しもぐちはこれを「濃縮バージョン」と称している)を編成する[7]。また、中継が17:00までに終了した場合や、中継予定のカードが中止になった場合には『ABCフレッシュアップベースボール』のスタジオバージョン扱いの「ABCフレッシュアップベースボール ほしおんedition」と題して放送[8]。この場合には、同中継日曜日のスタジオ担当(2013年のみ中倉真梨子、2014年から2016年は白ヶ澤香織、2017年はタケモトコウジ)も出演する[9][10]。13:00から試合を開始する場合がある時[11]は、12:30からの放送だった2014-16年度は「超濃縮ヴァージョン」としてまず30分放送されたのち、野球中継を送り、試合が17時までに終わった場合には、更にスタジオバージョン扱いで放送を再開する場合もあるため、この場合は事実上野球中継をフロート番組の扱いで内包するパターンとなっていたが、2017年からは13時開始となったため、体裁上は2013年度までの形式(編成上休止。試合が早く終了した場合は『ほしおんedition』として放送。但しマツダスタジアムでの広島主催試合の日曜日のデーゲームは原則13:30開始のため、現在でもこの場合は超凝縮版やフロート扱いなる日がある [12])に戻った。2016年1月24日にはラグビートップリーグの「LIXIL CUP」決勝戦生中継がフロート番組扱いで放送された。

なお8月中旬は「全国高等学校野球選手権大会」が行われ、朝日放送ラジオでは日中にその試合中継を実施するため、雨天中止である場合を含め放送休止となる。雨天中止時には別番組の「サマースペシャル」を10時から(途中別番組を挟み)17時まで放送する[13]。正月の場合は1月2日1月3日文化放送製作「東京箱根間往復大学駅伝競走実況」を放送するために、放送時間の短縮が生じるが、番組初となる1月1日と重なる2017年は午後の当該時間帯の定時番組は別番組[14]を放送するためレギュラー放送は休止となった。その代わりとして、9:45-12:00に「スター☆紗綾の2017 新春・結構コケッコー」(パートナー・桂紗綾)として放送された。[15]

放送時間[編集]

いずれも毎週日曜日。以下では基本の放送枠を記載。

ディスクジョッキー(DJ)[編集]

コーナー[編集]

◎:短縮版でも放送

  • 昼でも歌わナイト
    • しもぐちがギターを演奏しながら、放送中にある1曲をフルコーラスで熱唱。熱唱後には、当日の歌いっぷりに対するリスナーからの(100点満点による)採点メールを受付・紹介する。
    • 毎月第1週は邦楽、第2週は演歌、第3週は洋楽からしもぐちが選曲。最終週の放送のみ、リスナーのリクエスト曲から1曲を熱唱する。
  • 3曲まとめてリクエスト
    • リスナーからのリクエスト曲から、ある共通のテーマに沿った3曲を立て続けに流す。短縮版でも、「ほしおん☆QUIZ」の代わりに放送することがある。
  • ほしおん☆QUIZ
    • リスナーが放送中に電子メールで参加できるクイズで、しもぐちが読み上げるある曲の歌詞の一部から、その曲のタイトルを当てさせる。しもぐちがクイズの難易度を5段階で設定・紹介することが特徴。なお、リスナーからの応募を受け付ける間には、共通のテーマに沿って番組サイドが選んだ3曲を立て続けに放送する。
  • ほしおん☆スポーツ
  • PICK UP
    • ある1人(または1組)のアーティストをテーマに、そのアーティストの楽曲を2曲流す。放送日(または直近)に誕生日を迎えるアーティストを取り上げることが多い。
  • ほしおん☆メモリー
    • しもぐちにとって思い入れの深い1曲を、エピソードと共に紹介する。
  • ゲストコーナー(随時)
    • 野球中継の有無に関係なく1組程度、野球のない場合(雨天中止時の『フレッシュアップベースボール』バージョンの場合は除く)には2組程度が生ゲストとして登場する場合もあるほか、メッセージゲスト(事前収録のコメント)が登場する場合もある。生ゲストである場合には、そのミュージシャンとしもぐちによるスタジオライブを行うことも多い。

ノベルティ[編集]

  • ステッカー(色が二種類ある)

脚注[編集]

  1. ^ 2018年3月25日放送分まで事業分割前の旧・朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス)による放送。
  2. ^ a b 番組公式サイトより
  3. ^ ABC2013新春社長記者会見より
  4. ^ 番組上ではJARTIC(ジャティック)と呼称。
  5. ^ 15時台は大阪センター、16時台は高速吹田センターとつないでいる。前者は放送日により担当が変わるが(概ね18時台の「Cheers!」と、プロ野球デーゲーム開催時の「フレッシュアップベースボール」15時台=概ね15:15前後の交通情報にも出演する)、後者の高速吹田センターは2017年3月まで大塚美司子がほぼ専属で担当しており、大塚はトークの終わりに曲紹介をしたり、番組イベントなどにも顔を出すことがあった。
  6. ^ 中央競馬G1レースや、関西圏の競馬場でG2レースを開催する週に、メインレース限定で実況中継を放送。
  7. ^ 『ABCフレッシュアップベースボール』については、13:55の時間帯をスポンサード番組として、日曜日の協賛社がそのまま提供。中継カードの試合開始が13:55以前の場合には、13:55までノンスポンサー扱いの『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』として放送するため、13:55頃に中継を一旦中断した上でタイトルコール→スタジオ担当者が読み上げる提供クレジット→協賛社のCMを挿入する。
  8. ^ 題名は公式サイトに準拠。この場合新聞の番組表では「(中止)フレッシュアップベースボール」(開始当初は「(中止)しもぐち雅充」と書かれていた)、ホームページでは「試合が中止の場合は、スタジオよりしもぐち☆雅充がお送りします」とそれぞれ表記されており、「STAR☆MUSIC☆SUNDAY」の題名は出てこないが、内容は「ほしおん」そのものである。2013年6月16日放送分は「楽天対阪神」の試合が13時開始のため、名目上は放送休止の扱いだったが、野球が早く終了したため15:50頃から「フレッシュアップベースボールスタジオバージョン」扱いで「ほしおん」が放送された。また2013年以降のオールスターゲーム第2戦の雨天予備日は、日曜デーゲームとして組み込まれているため、該当日は13:55以後を「フレッシュアップベースボール」扱いとしながら事実上のフルバージョン放送とするのが恒例となっている(2017年に至るまで、予備日の行使は発生せず。なおradikoの番組表では、予備カードの解説者および実況アナウンサーのデータが予備日不行使でも残される)。
  9. ^ 短縮版でも、『ABCフレッシュアップベースボール』を13:55から放送する場合には、エンディングにのみ登場する。
  10. ^ しもぐちがスケジュールの都合上試合終了後まで待機できない場合には、『小林大作のメモリーズ・オブ・ユー』開始までの余剰時間処理時に準じた内容に変更され、中継のスタジオ担当が単独で進行する。
  11. ^ 2015年4月26日広島戦や、5月24日7月5日のDeNA戦(いずれもビジター)など数回。なお阪神主催の日曜デーゲームは基本的に14時試合開始。
  12. ^ 2018年5月13日の広島対阪神が該当するが、試合開催前提で一度13:30で終了したのち、試合開始直前に中止が決まったため、13:55までマツダスタジアムから生中継、13:55以後は「ほしおんedition」として放送を再開した。
  13. ^ ただし、その日が休養日(準々決勝の翌日)である場合には通常版、または阪神戦デーゲームの場合に備えての凝縮版の編成が組まれる場合がある。2014年は台風により8月9日に予定された開幕が2日間順延され、再開予定日の8月24日にも試合が行われることになったため、24日の分は野球終了後の16:10から50分の短縮版(当初の発表は16:00だった)で放送された。
    また2017年は8月20日に当初準決勝・さらにデーゲーム「中日対阪神」の放送が予定されるため当初は休止する予定だったが、8月6日の段階で開会式が台風のため1日延期が決まっていたため、13:55までの凝縮版での放送となるはずだった。しかし、8月15日の試合も雨天延期となり、20日には準々決勝が行われたため、結果的には放送休止になった(中×神は建前上は休止だったが、17:55のナイター開始時には延長戦で続いていたため、試合終了までその箇所のみ放送した)。
  14. ^ 13:00-14:25「きよしと八方の新春早々ポン・カラ・リン!!」(アシスタント・三代澤康司)、14:30-15:30「おめでとう!!道上洋三と加藤登紀子です」、15:30-16:30「ラジオパーソナリティー・帝王への道」(MC・兵動大樹浜村淳
  15. ^ 2016~17年度年末年始特番一覧
  16. ^ 12:30 - 13:00に『三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平Going Up』(ニッポン放送制作)をネットするため。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]