実況パワフルプロ野球2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
実況パワフルプロ野球2
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 スーパーファミコン(SFC)
開発元 コナミ神戸開発部
発売元 コナミ
人数 1~2人用
メディア [SFC]カセット
発売日 [SFC]1995年2月24日
テンプレートを表示

実況パワフルプロ野球2(じっきょうパワフルプロやきゅうツー)は1995年2月24日コナミ(※)から発売されたスーパーファミコン用野球ゲームソフトである。スーパーファミコン版のパワプロシリーズ第2作目。

※2006年3月31日の持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移行している。

実況は、今作に限り前作('94)の安部憲幸に代わり、同じく朝日放送アナウンサーの太田元治が担当した。なお選手データは、前年シーズン終了時のものを使用している。

主なモード[編集]

  • 対戦
  • ペナント
前作は、パスワード採用による、最高十数試合のミニペナントモードであったが、本作では、バッテリーバックアップ採用により、実際の日本プロ野球と同じく130試合(当時)の対戦が可能になった。
  • シナリオ
詳細は後述。
  • アレンジ
本作が初登場。12球団の実在選手の中から自由に選手を選びチームを編成できる。保存できるチーム数は2。

使用できる球場[編集]

シナリオモード[編集]

1994年のプロ野球の実際の試合から各チーム1つずつ収録。

シナリオ1 読売ジャイアンツ ターニングポイント
シナリオ2 中日ドラゴンズ この一戦にあり
シナリオ3 広島東洋カープ 引退の日
  • 9月20日 広島市民球場 広島 6-6巨人
  • 8回裏の攻撃 二死一二塁 打者:前田智 投手:宮本
シナリオ4 ヤクルトスワローズ 死へのマラソン
  • 7月24日 明治神宮球場 ヤクルト 4-4 阪神
  • 10回表の守備 二死一二塁 打者:新庄 投手:山田
シナリオ5 阪神タイガース 終わりの始まり
  • 9月15日 阪神甲子園球場 阪神 2-2 横浜
  • 8回表の守備 一死一二塁 打者:鈴木 投手:中西
シナリオ6 横浜ベイスターズ 投手戦
  • 9月23日 横浜スタジアム 横浜 0-0 巨人
  • 8回表の守備 無死 打者:グラッデン 投手:加藤
シナリオ7 西武ライオンズ プレッシャー
  • 10月29日 東京ドーム 西武 0-2 巨人
  • 8回表の攻撃 無死三塁 打者:大塚 投手:槙原
シナリオ8 オリックス・ブルーウェーブ 最後のチャンス
  • 9月16日 グリーンスタジアム神戸 オリックス 1-0 西武
  • 7回表の守備 無死一二塁 打者:田辺 投手:長谷川
シナリオ9 近鉄バファローズ 意地と意地
  • 8月13日 グリーンスタジアム神戸 近鉄 0-0 オリックス
  • 9回裏の守備 無死 打者:高田 投手:赤堀
シナリオ10 福岡ダイエーホークス 閉店間際の逆転劇
  • 7月16日 福岡ドーム ダイエー 2-6 西武
  • 9回裏の攻撃 無死一二塁 打者:若井 投手:杉山
シナリオ11 千葉ロッテマリーンズ 最後の山場
  • 9月20日 グリーンスタジアム神戸 ロッテ 5-4 オリックス
  • 9回裏の守備 一死一二塁 打者:イチロー 投手:成本
シナリオ12 日本ハムファイターズ 意地を見せろ!
  • 9月23日 東京ドーム 日本ハム 2-2 西武
  • 7回裏の攻撃 一死二塁 打者:広瀬 投手:新谷

関連項目[編集]