実況パワフルプロ野球3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
実況パワフルプロ野球3
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 スーパーファミコン(SFC)
開発元 コナミ神戸開発部
発売元 コナミ
人数 1~2人用
メディア [SFC]カセット
発売日 1996年2月29日
1996年7月19日('96開幕版)
1997年3月20日('97春)
1998年3月19日(Basic版'98)
売上本数 3:34万本
'96開幕版:
'97春:9万本
テンプレートを表示

実況パワフルプロ野球3』(じっきょうパワフルプロやきゅうスリー)は1996年2月29日コナミ(※)から発売されたスーパーファミコン野球ゲームソフトである。派生作品として選手データが更新された『実況パワフルプロ野球'96開幕版』(1996年7月19日発売)と『実況パワフルプロ野球3'97春』(1997年3月20日発売)、サクセスモードが削除された『実況パワフルプロ野球Basic版'98』(1998年3月19日発売)がある。

※2006年3月31日の持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移行している。

概要[編集]

後のパワプロシリーズの名物モードとなるサクセスモードが初登場した。また、アレンジチーム枠が14と大幅に増加したため、6チームすべてを入れ替えてペナントモードやリーグモードをプレイすることが可能となった。

前作では実況は太田元治だったが、今作からまた安部憲幸に戻った。安部はその後携帯機向けの作品を除いて2001年発売の『実況パワフルプロ野球8』まで実況を務めることになる。また、『実況パワフルプロ野球Basic版'98』では、プロ野球脱税事件に関与した選手が登録されず、サクセスモードも搭載されていない。(パスワードによって前作で作成した選手を登録することは可能)


ゲーム内容[編集]

  • 対戦モード
  • キャンプモード
  • サクセスモード
  • 新人モード
  • サウンドモード
  • ペナントモード
  • リーグモード
  • シナリオモード
  • アレンジモード

サクセスモード[編集]

プレイヤーは新人プロ野球選手として入団。二軍で練習を重ね、能力を成長させて一軍を目指す。一軍に昇格した時点でゲームクリア。今作では野手のみ育成可能で、投手は育成できない。

ゲーム開始は2月のキャンプイン前からで、いきなり彼女がいる場合もある(この時点で特殊能力「サヨナラ男」と引き換えに別れることも可能)。3年目の契約更改時に一軍に昇格できなければ解雇されてゲームオーバー(途中で解雇される場合もある)となり、データが削除される。

ドラフト上位で入団し、オープン戦で好成績を収めるとそのまま一軍昇格でクリアとなる場合もあるが、その場合は能力があまり成長しない。そのため、能力の高い選手を作るためには育成期間をいかに伸ばしてプレイするかが重要になる。また、後のシリーズでは表示されているスケジュール管理に必要なタフ度、故障率などが表示されず、体調も5段階の調子アイコンでしか表示されないため、練習計画が練りづらい。

作成された選手はアレンジモードで使用できる。ただし、登録人数の限界である8人を超えた場合は選手を削除しないと登録できない(パスワードを使えば、削除後に再登録することは可能)。選手を削除する場合はアレンジモードで作成したチームに所属していない状態でないと削除できないため、アレンジチームの野手すべてをサクセスモードで作成した選手で構成することはできない。

この作品で作成した選手のパスワードは『実況パワフルプロ野球'97開幕版』や『実況パワフルプロ野球S』と互換性があり、両作品で使用できる。

登場人物については'97開幕版の記事を参照。ただし麻生と菅野は登場しない。

使用できる球場[編集]

球場名は当時のもの