実況パワフルプロ野球NEXT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実況パワフルプロ野球NEXT
ジャンル 野球ゲーム
対応機種 Wii
開発元 パワプロプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1 - 4人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 2009年3月19日発売
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 7万本
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
(2014年5月20日終了[1]
テンプレートを表示

実況パワフルプロ野球NEXT』(じっきょうパワフルプロやきゅうネクスト)は、2009年3月19日コナミデジタルエンタテインメントから発売されたWii野球ゲームである。2013年時点でWii最後のNPBパワプロシリーズ作品。

概要[編集]

タイトルロゴが変更され、ペナントや育成モード、試合画面なども一新された新シリーズ。4種類の操作(Wiiリモコン、リモコン&ヌンチャク、クラシックコントローラ、ゲームキューブコントローラ)に対応している。育成モードは従来の「サクセス」がなくなり、新たにすごろく形式の「ヒーロー」が搭載されている。

今作はWii版のみのシングルプラットフォームになった事で、野球画面などのビジュアル面が強化されているほか、4人対戦、ニンテンドーWi-Fiコネクションによる1対1のネット対戦にシリーズで初めて対応している。なお、PS2用ソフト『実況パワフルプロ野球2009』が同時発売されたが、こちらは『実況パワフルプロ野球15』に準じた仕様となっており、『NEXT』とは仕様が大幅に異なる。

そのほかにも様々な仕様変更が行われている。本作はパワプロクンポケットシリーズと同じく、試合中に選手の能力ランクとスタミナ量が表示される。さらに、パワポケシリーズから選手をパスワード入力で登録した場合、GC版の『実況パワフルプロ野球12』以来、同シリーズ専用だった超特殊能力が復活した。

操作モード[編集]

ゲーム開始時に以下の2種類から操作方法を選択する。

  • パワプロ
従来の操作。新たにリモコン横持ちに対応。
  • リモパワ
リモコンを振って楽しむ体感モード。「対戦」「ホームラン競争」がプレイ可能。

ゲームモード[編集]

  • 対戦
おなじみの対戦モード。今作では4人までの協力プレイが可能となっている。
  • ペナント
今作ではシステムが一新され、期間が1年間になった(パワプロ7以来)。ドラフトや契約更改などのシステムも廃止され、代わりにカードシステムが導入された。最初に全試合をプレイする「フルシーズンペナント」と重要な局面のみプレイする「ダイジェストペナント」の2種類からゲームを選択する。自チームに様々な影響を及ぼす「ペナントカード」をセットしてペナントレースを戦い抜く。ペナントカードはスポットライト試合終了後に入手でき、中にはチームに悪影響を及ぼすものも存在する。
  • 大会
複数人でトーナメントやリーグ戦をプレイする。今作では最初にドラフト形式でオリジナルチームを結成する「ドリームドラフト」というモードが初登場。
  • ヒーロー
新たな育成モード。詳細は後述。
  • Wi-Fi
ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続し、対戦するモード。
  • 野球教室
チュートリアル面がリニューアルされている。
  • ホームラン競争
  • データあれこれ
今作ではアレンジがこの中の1モードとなっている。Miiを使用してプロフィールを作ることが出来、Miiに設定したゲームオプションは試合中で機能する。応援曲作成機能は搭載されているが、自分で曲を作ることが出来なくなった。

ヒーロー[編集]

「サクセス」に代わり搭載された新モード。様々なイベントが用意されているボードマップを進行アイコンを使って進んでいく。冒頭では本作の実況を担当している河路直樹によるナレーションが挿入される。

進行アイコンには野球の練習などのスケジュールと進めるマスの数が描かれており、マスを進み終わったところでスケジュールを実行、それに応じた経験点が入る。ボードの終点に到達したら固有イベントが発生し、次の章のボードに移る。

止まったマスによって様々なイベントが発生する。四章仕立てで最初は小学3年生、ゲームを進めると小学6年生・中学3年生・高校3年生と成長していき、最終的にドラフトもしくは入団テストに受かることがクリア条件である。ボードマップの途中や終点では野球の試合に参加し、経験点を得ることが出来る。

なお、従来のサクセスからは世界観、登場人物、チームが一新されており、選手育成モードが存在するパワプロ・パワポケシリーズではパワプロ3パワプロ'98以外に登場していたメガネの相棒[2]と、同じく育成モードでは全シリーズに登場していたマスコット的な存在の犬[3]を含め、従来のサクセスモードのキャラクターが登場しない。

2010年3月18日に発売されたDS用ソフト『熱闘!パワフル甲子園』では、本作の一部キャラがパワプロシリーズのサクセスモードのキャラと共に、特定のモードに登場する。

登場人物[編集]

主人公(パワプロくん
小学三年生。様々な経験を経て成長していく。今作のパワプロ君は幼少時代は後ろ向きに帽子をかぶっている。

野球関連の人物[編集]

霧野 要
二章から登場、主人公のチームメイト。三章以降は、進む学校によってはライバルになる。俊足巧打の外野手。
平 ひろし
二章から登場、主人公のチームメイト。三章以降は、進む学校によってはライバルになる。走攻守、三拍子揃った選手。二塁手、遊撃手。
権俵 大
二章から登場、主人公のチームメイト。三章以降は、進む学校によってはライバルになる。強肩強打の選手。捕手、一塁手。
黒崎 虎太郎
二章から登場、主人公が野手のときのライバルキャラ。
白銀 龍ノ介
二章から登場、主人公が投手のときのライバルキャラ。
御影スカウト
四章にも登場、主人公が志望する球団のスカウトで、主人公をマークしている。デスマス口調が特徴。
継承選手
過去に選手登録をした、または選手パスワードによって得た選手。ザコプロくんの容姿で登場する。「面影が似ている」と、主人公に野球を教えてくれる。
プロ選手
12球団の選手(チームに登録されている選手)がランダムで登場。サクセスが進むごとに大物選手が出やすくなる。たまに実践テストがあり、成功すると能力やそのプロ選手が持っている特殊能力を入手できる。

野球関連以外の人物[編集]

とーちゃん
主人公の父親。主人公からは小中学校「とーちゃん」と呼ばれ、高校以降では「親父」と呼ばれている。腹巻きにハチマキと古風な父親。主人公に「ウキウキ野球道具セット」をプレゼントし、野球の道へといざなう。かつてはスカウトにも注目されるほどの野球少年だったが怪我で夢を断念、息子に夢を託す。
幼馴染
主人公の幼馴染の女の子。プレイするたびに名前が変わり、中学以降では主人公の学力によって容姿も変化する。
善川 光
主人公の友人。優等生で几帳面。
空豆 小助
主人公の友人。小学生だが金髪にリーゼントという筋金入りのヤンキー少年。中学では「パワフル中学」、高校では「怒根性学園」に入学する。
柳 勉
近所に住むお兄さん。主人公に勉強を教えてくれる。また、トリビアじみた知識を披露することも。
神野 みこ
巫女。自称「巫女の中の巫女」。主人公の前に現れ、おみくじを引かせてくれる。二章から登場。
佐藤 良男
二章にも登場、小学校の先生。主人公の担任で、少年野球チーム「パワフルキッズ」の監督もしている。
ドクター寿
マッドサイエンティスト、サクセスのダイジョーブ博士と同様、改造手術を行っている。
ネコ
サクセスの犬に代わりの存在。試合に役立つアイテムをくれる。

使用できる球場[編集]

以下はゲームオリジナルの球場

  • 地方球場
  • 山ノ手球場
  • 地方ドーム
  • ブルースタジアム
  • 学校グラウンド
  • 臨海野球場
  • 緑の丘球場

新広島市民球場[編集]

2009年から広島東洋カープの本拠地はMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島となったが、当作では広島市民球場広島東洋カープの本拠地となっている。同球場の公式戦初開催日(2009年4月10日)から、公式サイトで新球場解禁パスワードが公開された。パスワードを入力すると、MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島が使用可能になり、カープの本拠地に設定される(広島市民球場も引き続き使用可能)。

また、当作品のMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島には看板広告が掲示されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 「ニンテンドーWi-Fi コネクション」サービス終了のお知らせ コナミデジタルエンタテインメント、2014年7月30日閲覧。
  2. ^ パワプロシリーズの矢部明雄、パワメジャシリーズのヤーベン・ディヤンス、パワポケシリーズのメガネ一族など。矢部はパワプロ'98では対戦相手として登場。
  3. ^ 犬はパワポケ5の本編(プロ野球編)には登場していないが、忍者戦国編には登場している。

外部リンク[編集]