加藤将斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 将斗
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府岸和田市
生年月日 (1972-07-23) 1972年7月23日(49歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト3位
初出場 1993年4月10日
最終出場 1997年6月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 将斗(かとう まさと、1972年7月23日 - )は、大阪府岸和田市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

清原和博と同じ岸和田シニア出身でエースピッチャーとして全国大会にも出場した[1]東北高では1年秋からエースとなり、3年次に春の甲子園に出場[1]。同年夏は県大会の準決勝で敗れた[1]。高校時代は通算40勝2敗で2年生の秋には明治神宮大会で優勝投手も経験している。

1990年のプロ野球ドラフト会議横浜大洋ホエールズから3位指名を受け入団[1]

左腕からのキレのよい速球カーブで期待され、3年目の1993年に一軍初登板を果たし、その後も中継ぎとして定着する。1994年からは先発ローテに加わり、9月23日の巨人戦では桑田真澄との投手戦を制しプロ初完封を記録。野村弘樹に続く左腕投手として期待を寄せられる。端正なマスクで女性ファンにも人気があった。しかし、同年オフの「プロ野球12球団対抗新春リレーマラソン」で左足ふくらはぎの肉離れを負って以後は低迷。一軍登板のなかった1998年オフに、現役を引退した。

現在は、横浜市内で治療院を経営しながら、中学生硬式野球クラブチームのヘッドコーチをしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 横浜 28 3 0 0 0 2 3 0 -- .400 150 32.1 37 3 22 1 0 19 0 0 24 23 6.40 1.82
1994 25 16 1 1 0 4 8 0 -- .333 386 88.2 73 9 51 2 1 58 2 0 41 40 4.06 1.40
1995 11 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 119 25.1 28 6 18 1 1 16 1 0 16 15 5.33 1.82
1996 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1.2 4 1 4 0 0 2 0 0 4 4 21.60 4.80
1997 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 1 0 2 0 1 2 0 0 2 2 9.00 1.50
通算:5年 68 23 1 1 0 6 13 0 -- .316 678 150.0 143 19 97 4 3 97 3 0 87 84 5.04 1.60

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1991年 - 1998年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、152ページ

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]