小林晋哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 晋哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県宍粟郡山崎町
(現:宍粟市
生年月日 (1952-10-28) 1952年10月28日(64歳)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト4位
初出場 1978年4月4日
最終出場 1987年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

小林 晋哉(こばやし しんや、1952年10月28日 - )は、兵庫県宍粟郡山崎町出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

育英高等学校から京都産業大学へ進学。1年春の京滋大学リーグでいきなり首位打者になる。京滋大学リーグで通算58試合出場、206打数79安打、打率.383、6本塁打、55打点。首位打者2回、最優秀選手2回受賞。1973年の春季リーグで優勝、代表決定戦を勝ち抜き、入れ替え戦で関学を破りチームは関西六大学リーグに初昇格する。しかし1974年春季リーグ後の入れ替え戦で敗れ、チームは降格。関西六大学リーグでは2季で通算21試合出場、68打数24安打、打率.353、5本塁打、11打点、ベストナイン2回受賞。京滋、関西の2リーグで大学通算103安打を記録した。

1975年神戸製鋼に入社。1976年には三菱重工神戸の補強選手として都市対抗に出場、チームの準決勝進出に貢献する。同年の第24回アマチュア野球世界選手権日本代表となり、社会人ベストナインにも選出された。翌1977年は神戸製鋼の四番打者として都市対抗に連続出場。決勝で熊谷組と対戦、試合を決める先制本塁打を放ちチームに初優勝をもたらす。

1978年ドラフト4位で阪急ブレーブスに入団。ウイリアムスの退団もあって、1981年には左翼手のレギュラーとなる。1984年までは定位置を手中にしていたが[1]熊野輝光の台頭により出場機会が減少。その後は控え外野手、代打、守備固めとして起用された。1987年シーズン限りで現役引退。

現役引退後も、1988年から2010年まで、阪急および後継球団(オリックス・ブルーウェーブ→オリックス・バファローズ)に在籍。阪急時代には球団職員、ブルーウェーブ時代には打撃コーチ・守備走塁コーチ・スカウト・編成部副部長・スカウトグループ部長、バファローズ時代には球団本部長補佐(球団本部育成部長)や一軍チーフコーチ(2010年)を務めた。

2011年に、韓国プロ野球SKワイバーンズの春季キャンプへ臨時インストラクターとして招聘。そのままSKの打撃コーチに抜擢されたが、シーズン中の8月18日に監督の金星根が解任されたことを機に、コーチを辞任した。

2012年には、韓国・高陽ワンダーズの春季キャンプで臨時コーチを務めた[2]後に、3月10日から横浜DeNAベイスターズのスカウトへ就任[3]2015年2016年には、韓国のハンファ・イーグルスで、春季キャンプの臨時インストラクターとして外野守備を指導している。

家族[編集]

妻は、日本スケート連盟フィギュアスケート強化部長で、バンクーバーオリンピックのフィギュアスケート日本代表コーチだった小林芳子[4]。晋哉とは、知人の紹介で知り合った後に、同じ兵庫県出身という縁で1981年に結婚した。晋哉によれば、「交際当時の自分は(阪急の)二軍暮らしで、(高校時代までフィギュアスケーターだった)芳子もスケート連盟の事務職に就いていたので、(現役プロ野球選手とフィギュアスケーター経験者の)交際と言っても地味なものだった」という[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1978 阪急 19 8 8 1 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500
1979 11 5 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .250 .400 .250 .650
1980 26 80 72 8 18 3 0 4 33 10 3 2 0 0 7 0 1 11 0 .250 .325 .458 .773
1981 121 412 380 46 107 23 2 3 143 37 6 5 2 3 27 1 0 22 7 .282 .327 .376 .703
1982 110 355 320 42 84 18 4 9 137 38 7 7 1 2 31 0 1 19 9 .263 .328 .428 .756
1983 78 185 157 19 32 5 1 4 51 12 5 1 2 0 23 0 1 12 4 .204 .309 .325 .634
1984 116 387 343 41 95 13 0 13 147 47 9 2 4 3 33 3 0 31 5 .277 .338 .429 .766
1985 87 187 165 29 42 9 0 6 69 26 2 4 0 1 19 0 0 34 4 .255 .330 .418 .748
1986 85 166 142 14 31 4 0 6 53 21 4 2 2 0 22 1 0 19 5 .218 .323 .373 .696
1987 57 83 72 12 15 0 0 2 21 5 3 1 3 0 8 1 0 11 1 .208 .288 .292 .579
通算:10年 710 1868 1663 212 427 75 7 47 657 196 41 24 14 9 171 6 3 161 35 .257 .326 .395 .721

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1978年 - 1987年)
  • 76 (1991年 - 1999年)
  • 72 (2010年)
  • 81 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 出場機会が多かった1981年・1982年・1984年については、相手チームの先発が右投手の場合にはほぼ不動のスタメンだった一方、左投手の場合には小林ではなく、山森雅文吉沢俊幸有賀佳弘等の右打者の外野手が起用される試合が多かった。偵察オーダーが組まれ、先発が右投手の場合に小林が出場する試合もたびたびあった。打順は6番が多く、そのほか2番、5番、7番など(1982年後期は2番、1984年は6番でほぼ固定)。3番打者としての出場もある。
  2. ^ 『野球小僧 4月号 2012』白夜書房、p.168
  3. ^ DeNA、元オリ1軍コーチ・小林氏と契約 - 2012年3月10日
  4. ^ イチロー フィギュア五輪代表に直筆メッセージ送る(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
  5. ^ DeNA・小林晋哉スカウトを直撃 妻は羽生の隣で仰天顔だった日本スケート連盟強化部長 - ZAKZAK 2014年3月15日

関連項目[編集]