吉村茂夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉村 茂夫(よしむら しげお、1918年 - 2009年12月9日)は、日本実業家南海電気鉄道(南海電鉄)元社長・会長。

人物[編集]

和歌山県岩出市出身。大阪商科大学(現・大阪市立大学)卒業後の1942年に南海鉄道へ入社。常務取締役、専務取締役を経て、1985年に南海電鉄代表取締役社長に就任し、1992年に代表取締役会長を歴任。

社長時代の1988年4月、南海ホークスのオーナーだった川勝傳の死去に伴い、後任としてオーナーを務めた。前任者の川勝時代から大阪スタヂアムを含めた「難波再開発」(後の「なんばパークス」)案が浮上した時から川勝は「ワシの目が黒いうちは球団は売らん!!」と強い姿勢を見せていたが、南海ホークスは年間10億円の赤字だった。

川勝の死去後、後任としてオーナーに就いた吉村は1988年9月21日にホークスの経営権を譲渡先であるダイエー社長の中内㓛(当時)を相手に3条件(後述)を提案し、中内は承諾。これにより、11月1日付で球団はダイエーに譲渡され、本拠地を福岡県福岡市へ移動すると同時に福岡ダイエーホークスに変わった。

その後は1994年南海空港線開業や難波再開発事業を進め、大阪スタヂアム跡地の大型商業施設「なんばパークス」オープンへの道筋を示した。

2009年12月9日大阪府堺市の自邸で、老衰のため死去。享年92。

ホークス球団譲渡の3条件[編集]

吉村は中内にホークス球団の経営権をダイエーに譲渡する際、下記の3条件を条件付けた。
  • ホークスの名前を残す。
  • 選手の待遇改善。
  • 杉浦忠(当時)の監督留任。

関連項目[編集]