茨城県道357号谷和原筑西線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
茨城県道357号標識
茨城県道357号谷和原筑西線
総延長 34.802 km
実延長 34.259 km
制定年 1996年4月1日
起点 茨城県つくばみらい市
終点 茨城県筑西市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
筑西市梶内(2008年12月)
下妻市役所付近(2008年10月)

茨城県道357号谷和原筑西線(いばらきけんどう357ごうやわらちくせいせん)は、茨城県つくばみらい市から筑西市に至る県道(一般県道)である。

概要[編集]

路線名称の谷和原は、旧自治体名の筑波郡谷和原村(現つくばみらい市)に由来する。

路線データ[編集]

歴史[編集]

1996年平成8年)4月1日、茨城県が道路法(昭和27年法律第180号)第7条の規定に基づき、起点を筑波郡谷和原村、終点を下館市とする国道294号の旧道区間を県道新規路線として谷和原下館線に認定した道路である。2005年(平成17年)3月に終点がある下館市が、平成の大合併により自治体名を筑西市へと変更されたことを受け、翌2006年(平成18年)4月、路線名称を谷和原筑西線へと変更し現在に至る。

年表[編集]

  • 1996年平成8年)4月1日
    • 谷和原下館線(整理番号357)として路線認定[3]
    • 道路の区域は、筑波郡谷和原村大字細代国道294号分岐から下館市大字西方国道294号交差点まで(延長35.57 km)と決定された[4]
  • 1996年(平成8年)7月10日結城郡石下町大字大房 - 大字新石下の現道と平行する新道(860 m)が開通[5]
  • 1996年(平成8年)11月25日:7月に供用した結城郡石下町大字大房 - 大字新石下の区間(延長860 m)を指定解除。一般道に降格する[6]
  • 2000年(平成12年)4月1日:下妻市大字下妻の区間が、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定される[7]
  • 2001年(平成13年)3月1日水海道市小山戸町 - 同市中妻町の区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[8]
  • 2006年(平成18年)4月1日:路線名が現在の谷和原筑西線に変更される[9]
  • 2004年(平成16年)3月22日:下妻市大字下妻の一部区間が、通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定される[10]
  • 2009年(平成21年)4月1日:下妻市下妻乙 - 筑西市西方の区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[11]
  • 2015年(平成27年)9月10日:接近した台風の影響による豪雨で、増水した常総市三坂町地内の鬼怒川堤防が決壊し、濁流により道路の一部が冠水・流失する被害を受ける。
  • 2015年(平成27年)12月18日:流失した道路の復旧工事が終わり、常総市三坂町 - 新石下(2.2 km)の通行止め規制を解除(片側交互通行)[12]
  • 2016年(平成28年)2月8日:上記の片側通行規制を解除。これにより、平成27年9月関東・東北豪雨災害による通行規制が全面解除される[13]

路線状況[編集]

全線が国道294号の旧道であり、常総バイパスの開通に伴い、県道に降格した区間である。

重複区間[編集]

  • 国道125号(447m):下妻市「峯T字路」-「小野子T字路」[1]

道路施設[編集]

  • 野殿橋(大谷川、筑西市野殿)
  • 桜橋(新八間堀川、常総市橋本町)

地理[編集]

並行する国道294号常総バイパスに比べ道幅は狭いが沿線に市街が点在し、下妻・常総市役所もこの沿線に置かれている。また、全線にわたり関東鉄道常総線が併走する。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

  • 菅原天満宮(常総市水海道天満町)
  • 千妙寺(筑西市黒子)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典[編集]

  1. ^ a b c 道路の区域の決定(平成8年4月1日 茨城県告示第417号) (PDF) ,茨城県報 号外第70号(1996年(平成8年)4月1日)より
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線の認定(平成8年4月1日 茨城県告示第416号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第70号: p. 1, (1996年4月1日) 
  4. ^ 道路の区域の決定(平成8年4月1日 茨城県告示第417号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第70号: pp. 1–2, (1996年4月1日) 
  5. ^ 道路の区域の変更(平成8年1月25日 茨城県告示第74号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第721号: p. 5, (1996年1月25日) 
  6. ^ 道路の区域の変更(平成8年11月25日 茨城県告示1316号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第808号: p. 23, (1996年11月25日) 
  7. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成12年3月2日 茨城県告示第237号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1139号: pp. 6–11, (2000年3月2日) 
  8. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成13年3月1日 茨城県告示第198号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1241号: pp. 10–14, (2001年3月1日) 
  9. ^ 県道の路線名の変更(平成18年3月23日 茨城県告示第354号) (PDF) ,茨城県報第1758号(2006年(平成18年)3月23日)より
  10. ^ 車両制限令の規定の基づく道路の指定(平成16年3月15日 茨城県告示第371号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1551号: pp. 9–14, (2004年3月15日) 
  11. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成21年3月5日 茨城県告示第250号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2059号: pp. 13–14, (2009年3月5日) 
  12. ^ 常総工事事務所 (2015年12月18日). “県道谷和原筑西線(常総市三坂町〜新石下)通行止め規制解除(平成27年12月18日午前10時) (PDF)”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2016年1月9日閲覧。
  13. ^ 土木部 常総土木事務所 (2016年2月13日). “一般県道谷和原筑西線 片側交互通行規制の全面解除(平成28年2月8日13時30分)”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2017年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]