久下田城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
久下田城
茨城県
別名 上館
築城主 水谷正村
築城年 1545年(天文14年)
主な城主 水谷氏
廃城年 1615年(元和元年)か?
遺構 二の丸跡、空堀、水堀、土塁
指定文化財 茨城県史跡
位置 北緯36度22分23.5秒
東経139度58分27.1秒
地図
久下田城の位置(茨城県内)
久下田城
久下田城

久下田城(くげたじょう)は、茨城県筑西市樋口にあった日本の城。茨城県指定文化財(史跡)。

概要[編集]

天慶年間(938-948)、藤原秀郷平将門追討のために築いた三館(上館・中館・下館)[1]のうち上館にあたるという伝承がある。

結城水谷宇都宮氏の対立が深まっていた天文14年(1545年)、下館城主の水谷正村(蟠竜斎)が北方の宇都宮氏から下館領を守るため、下館城の北に築城した。

歴史・沿革[編集]

  • 天文14年(1545年)、下館城主の水谷正村が築城。
  • 天文年間、宇都宮家臣の八木岡伊織を大将とする約200騎により攻められるも、水谷正村がこれを撃退。
  • 天文年間、宇都宮家臣の武田治郎を大将とする約3,000騎により城められるも、結城氏の援軍を受けた水谷正村が撃退。
  • 元和元年(1615年)、いわゆる一国一城令が出される(これを受け久下田城も廃城か)。
  • 寛永16年(1639年)、下館藩水谷勝隆備中国成羽藩に転封[2]

構造[編集]

栃木県旧・二宮町(現・真岡市)に接し、東に勤行川が流れる台地上に建つ。筑西市樋口の城山一帯が城域で、往時は二宮町の台地を含み大規模な城下を構成していた。

考古資料[編集]

遺構[編集]

二の丸跡が公園となっており、それを囲むように2つの曲輪が残る。空堀、土塁のほか、現在は用水路となっている水堀など多くの遺構が現存している。

脚注[編集]

  1. ^ 三館のうち、中館は後に伊佐氏により改修され伊佐城に、下館は水谷勝氏により改修され下館城になったとされる。
  2. ^ 水谷勝隆はその後備中国松山藩に転封となり、次代の水谷勝宗備中松山城(国の重要文化財)を改修。今も残る松山城天守は、この時の改修により現在の形となった。

関連項目[編集]