富松正安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富松正安の墓(茨城県筑西市下館地区)

富松 正安(とまつ まさやす、嘉永2年9月13日1849年10月28日) - 1886年明治19年)10月5日)は、明治時代の自由民権運動家。常陸国下館(現・茨城県筑西市)出身。

来歴[編集]

  • 嘉永2年9月13日(1849年10月28日)、下館藩士の富松正惇(まさあつ)の息子として生まれる。後に小学校の教員となるが辞職し、国会開設運動に関係する。1881年(明治14年)に自由党に入党する。
  • 1884年(明治17年)になると地元・下館に自由党員の研修道場である有為館が建設され、その館長として人材の育成にあたった。この年の9月になると加波山事件の実行グループに加わるが敗れて逃走。同年11月2日に逃走先の千葉県市原郡姉崎(現・市原市姉崎)にて逮捕される。そして、1886年(明治19年)の8月に大審院で死刑が確定し、10月5日に千葉県の寒川監獄にて処刑された。享年38。

関連項目[編集]

  • 鯉沼九八郎 - 栃木県の自由民権運動家・政治家。加波山事件に加担したとして逮捕された。
  • 保多駒吉 - 下館出身の自由民権運動家。富松と同じく加波山事件に参加。
  • 平尾八十吉 - 栃木県出身の自由民権運動家。富松と同じく加波山事件に参加。
  • 玉水嘉一 - 下館出身の自由民権運動家。富松と同じく加波山事件に参加。
  • 下館音頭 - 西條八十作詞。11番に加波山事件が歌われている。

参考文献[編集]