宮田恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮田 恭子(みやた きょうこ、1934年7月15日 - )は、英文学者、ジェイムズ・ジョイス研究者、元玉川大学教授。

来歴[編集]

石川県生まれ。東京大学教養学部教養学科イギリス分科卒業、1964年「アイリス・マードック『鐘』試論」によりシェイクスピア賞受賞。1966年同大学院比較文学比較文科専攻入学、1969年修士課程修了。その後ジョイスを中心に著書訳書多数、『フィネガンズ・ウェイク』の抄訳を行った。玉川大学教授を務め、2005年定年退任。

人物[編集]

かつて石川県の小松市立松陽中学校で教鞭を執っており、そのときの教え子に外交官孫崎享がいる[1]

著書[編集]

  • 『ジョイス研究 家族との関係にみる作家像』小沢書店 1988
  • 『ジョイスの都市 トリエステとチューリッヒ』小沢書店 1989
  • 『ウルフの部屋』みすず書房 1992
  • 『ジョイスのパリ時代 『フィネガンズ・ウェイク』と女性たち』みすず書房 2006
  • 『ジョイスと中世文学 『フィネガンズ・ウェイク』をめぐる旅』みすず書房 2009
  • 『ルチア・ジョイスを求めて ジョイス文学の背景』みすず書房 2011
  • 『ジョイスとめぐるオペラ劇場』水声社「水声文庫」 2015

翻訳[編集]

  • スタニスロース・ジョイス『兄の番人 若き日のジェイムズ・ジョイス』 みすず書房 1993
  • リチャード・エルマン『ジェイムズ・ジョイス伝』(1・2)、みすず書房 1996
  • ヴァージニア・ウルフロジャー・フライ伝』 みすず書房 1997
  • フランセス・スポールディング 『ヴァネッサ・ベル』 みすず書房 2000
  • ジェイムズ・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク 抄訳』 集英社 2004。和田誠装丁
  • ユーリック・オコナー編著 『われらのジョイス 五人のアイルランド人による回想』 みすず書房 2009
  • ジョン・マッコート 『ブルームの歳月 トリエステのジェイムズ・ジョイス 1904-1920』 水声社 2017

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山田清機「現代の肖像――孫崎享――『アメリカ』に立ち向かった憂国の士」『アエラ』26巻3号、朝日新聞出版2013年1月21日、51頁。

関連項目[編集]