鷲巣繁男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鷲巣 繁男(わしす しげお、1915年1月7日 - 1982年7月27日)は日本詩人、文学研究者。鷲巢 繁男とも。神奈川県横浜市生まれ。旧制横浜市立横浜商業学校卒業。在野にあってヘブライ語ギリシア語を含む多くの言語に通じ教養を深め、長編の叙情神秘詩、評論集を多数発表した。

経歴[編集]

曽祖父以来の正教家庭に育つが、少年期は愛国主義に傾倒。志願兵として中国大陸へわたるものの、敗戦後には幻想は壊れた。「北辺流遇」と自ら称する、北海道沼田町での開拓ならびに札幌市での工場労働により、アカデミスムとは距離を置いた「異端」としての詩的ポジションが確立する。それは、古代諸言語の学習を通じて、実際正統とは見做されない種々の異端宗派との接近でもあった。

少年期よりボードレールに親しみ、詩集年刊誌「セゲルス」からフランス現代詩にも通じていた。戦後は、同年刊詩集より、サン=ジョン・ペルスの詩に衝撃を受け、密かに師と仰ぎ、作風も影響を受ける。自らの信仰とそれを補強する該博な古代知識(=グノーシス)を裏づけとして、「逍遥游」と自ら称したエセー群を発表している。主に「日本未来派」「歴程」といった詩誌で活動し、また俳句結社「火山系」同人として富澤赤黄男に師事し、俳句も作った。

著作[編集]

1970年代以降の刊行のみ。

  • 鷲巣繁男詩集 国文社, 限定版1971、普及版1972、新訂版1976。第10回藤村記念歴程賞受賞
  • 鷲巣繁男詩集 思潮社〈現代詩文庫51〉, 1972 新書版 
  • 呪法と変容 竹内書店〈竹内選書〉, 1972 詩論・詩話/「呪法と變容」 牧神社(函入・増補改訂版), 1976
  • 戯論 限定版 メディアム加藤郁乎あるいは詩をめぐっての逍遥游 薔薇十字社, 1973 詩論・詩話 
  • 詩の栄誉 思潮社, 1974 日本の詩論・詩話
  • 歌集 蝦夷のわかれ 書肆林檎屋, 1974
  • 詩集 記憶の書 思潮社, 1975 
  • 狂気と竪琴 小沢書店, 1976 詩論・詩話
  • 路傍の神 冥草社, 1976 小説集
  • 詩集 嘆きの歌 書肆林檎屋, 1976
  • 記憶の泉 詩歌逍遥游 第一 牧神社, 1977 各冊共・随筆色の強い詩論、詩話
  • 聖なるものとその変容 詩歌逍遥游 第二 牧神社, 1977
  • ポエーシスの途 詩歌逍遥游 第三 牧神社, 1977
  • 詩集 霊智(靈智)の歌 思潮社, 1978 
  • クロノスの深み 小沢書店, 1978 詩話・詩論-著書目録を付す
  • イコンの在る世界 国文社, 1979 ギリシア正教ロシア正教美術の大著
  • 牧神の周邊 牧神社, 1979 評論集
  • 詩集 行為の歌 小沢書店, 1981。第12回高見順賞受賞。
  • 石胎-鷲巣繁男舊句帖 国文社, 1981 
  • 黄金の書-八幡剳記 国文社, 1982 高橋睦郎による追悼文「詩人の栄光」、著書目録を付す
  • 神聖空間 春秋社, 1983 未完の遺稿集、追悼の回想解説:多田智満子・高橋睦郎
  • アレクサンドル・ブローク  薔薇と十字架」-小平武との共訳の詩劇 平凡社ライブラリー,1995
  • 石斧 響文社, 1997 神谷忠孝解説 遺稿の小説

伝記[編集]

外部リンク[編集]