山田肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 肇(やまだ はじめ、1907年8月23日 - 1993年8月17日)は、日本の演劇学者、明治大学名誉教授。

東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に医師の長男として生まれる。1929年第一高等学校卒、32年東京帝国大学文学部美学科卒。大学在学中から心座に関わり、新興劇団協議会書記局員、鏑木清方の長女と結婚、杉山誠と親交を結んだ。1938年明治大学で西洋演劇を教え、45年文芸科兼任教授、46年新演劇人協会事務局長、1947年木下順二らの「ぶどうの会」に参加、48年築地小劇場代表取締役、49年明大文学部創設により正教授となる。1955年、ガルシア=ロルカ『ベルナルダ・アルバの家』を岡倉士朗と演出。61年ぶどうの会を脱退、劇団風を旗揚げ。69―73年明大人文科学研究所所長。78年明大名誉教授。

スタニスラフスキーの翻訳で知られ、岸田国士戯曲賞選考委員を第1回から務めた。

著書[編集]

  • 近代劇 至文堂 1951(日本文学教養講座)
  • スタニスラフスキイ モスクワ芸術座のたましひ 弘文堂 1951(アテネ文庫)
  • 近代劇十二講 未來社 1953
  • 山田肇演劇論集 白凰社 1995.7

編纂[編集]

  • 鏑木清方文集 1-8 白凰社 1979-1980
  • 鏑木清方随筆集 東京の四季 岩波文庫 1987.8
  • 明治の東京 鏑木清方 岩波文庫 1989.4

翻訳[編集]

  • 俳優修業 スタニスラフスキイ 道統社 1943
  • 俳優の仕事 ラポポルト 未來社 1952(てすぴす叢書)
  • 俳優の創造 スダコフ 未來社 1952(てすぴす叢書)
  • 演出の原理 ザハーヴァ 未來社 1952(てすぴす叢書)
  • 俳優修業 第1-2部 スタニスラフスキイ 未來社 1954-1956
  • 血の婚礼 F・ガルシア・ロルカ 天野二郎共訳 未來社 1954(てすぴす叢書)
  • ベルナルダ・アルバの家 ガルシア・ロルカ 未來社 1956(てすぴす叢書)
  • ブレヒト政治的詩人の背理 マーティン・エスリン 木桧禎夫、山内登美雄共訳 白凰社 1963