岸本水府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1956年

岸本 水府(きしもと すいふ、1892年2月29日 - 1965年8月6日)は、大正昭和初期の川柳作家、コピーライター。番傘川柳社会長。日本文藝家協会会員。本名・龍郎(たつお)。三重県に生まれ、大阪府で育った。

1913年西田当百等とともに番傘川柳社を組織し『番傘』を創刊、のちに編集主幹。そのかたわら、コピーライターとして福助足袋(現:福助)、壽屋(現:サントリー)、グリコ(現:江崎グリコ)、桃谷順天館等の各社の広告を担当。グリコでは広告部長を務めた。豆文広告を発案。子供の遊びであるグリコは岸本による広告が元になったともされる。1936年に「一粒300メートル」で一躍脚光を浴びる。[要検証 ]

OSK日本歌劇団松竹歌劇団のテーマ曲「桜咲く国」の作詞者として知られる。

著書に『母百句』・『川柳手引』等がある。田辺聖子による評伝『道頓堀の雨に別れて以来なり』があり、田辺は同作で読売文学賞および泉鏡花文学賞を受賞した。