森万紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 万紀子(もり まきこ、1934年12月19日 - 1992年11月17日以前)は、日本の小説家。本名・松浦栄子。

山形県酒田市にて、開業医の家庭に生まれる。山形県立酒田東高等学校での同級生に岸洋子がいた。

1953年に同校を卒業してからスーパーマーケットなどに勤務。神戸東京で英語学校に通い、社外校正に従事しつつ書いた「単独者」で1965年文學界新人賞佳作となり、同作で芥川賞候補となる。同年「距離」で同候補、1969年「密約」、1971年「黄色い娼婦」で四回候補となり、「内向の世代」における女性作家の代表と見なされるに至る。1980年長篇『雪女』で泉鏡花文学賞受賞。

幻想的な作風で知られるが厭人癖が激しく、埼玉県三郷市みさと団地に独居中、孤独死しているのを発見された。当時新聞でも報道されなかったため、正確な死亡日は不明。

著書[編集]

  • 密約 新潮社 1970
  • 黄色い娼婦 文藝春秋 1971
  • 緋の道 文藝春秋 1976
  • 風の吹く町 集英社 1977.3
  • 雪女 新潮社 1980.4
  • 運河のある町 講談社 1985.5
  • 跫音 福武書店 1988.2
  • 囚われ 文藝春秋 1989.2
  • 悪運 近代文芸社 1992.11
  • 吉田知子・森万紀子・吉行理恵・加藤幸子(女性作家シリーズ)角川書店 1998

文献[編集]

  • 「雪女」伝説 謎の作家・森万紀子 高橋光子 潮出版社 1995.11