森万紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 万紀子もり まきこ
誕生 松浦 栄子
1934年12月19日
山形県酒田市
死没 (1992-11-17) 1992年11月17日(57歳没)
埼玉県三郷市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 山形県立酒田東高等学校
活動期間 1965年 - 1992年
代表作 『雪女』
主な受賞歴 文學界新人賞佳作(1965年)
泉鏡花文学賞(1980年)
デビュー作 『単独者』(1965年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

森 万紀子(もり まきこ、1934年12月19日 - 1992年11月17日[1][2])は、日本小説家本名・松浦栄子。

経歴[編集]

山形県酒田市にて、開業医家庭に生まれる。山形県立酒田東高等学校での同級生岸洋子がいた。

1953年に同校を卒業してからスーパーマーケットなどに勤務。神戸東京で英語学校に通い、社外校正に従事しつつ書いた「単独者」で1965年文學界新人賞佳作となり、同作で芥川賞候補となる。同年「距離」、1969年「密約」、1971年「黄色い娼婦」と4回候補になりながらも受賞は叶わなかったが、「内向の世代」における女性作家の代表と見なされる。1980年長篇『雪女』で泉鏡花文学賞受賞。

幻想的な作風で知られるが厭人癖が激しく、埼玉県三郷市みさと団地に独居中、孤独死しているのを発見された。1992年12月の文芸家協会ニュースの会員訃報によると「11月17日に亡くなられたと、このほどご遺族から連絡があった」。

著書[編集]

文献[編集]


  1. ^ 高橋光子『雪女伝説』8頁
  2. ^ https://kijokai.tokyo/magazine/h05_no13.pdf