辻章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辻 章(つじ あきら、1945年4月15日 - 2015年4月23日)は、日本の小説家

神奈川県生まれ。横浜国立大学経済学部卒、講談社に入り、1981年から1984年まで『群像』編集長。退職後文筆活動に入り、1995年『夢の方位』で泉鏡花文学賞受賞。1998年「青山」で芥川賞候補。季刊・綜合文芸誌『ふぉとん』を主宰(2006年 - 2009年)。

2015年4月23日、くも膜下出血のため死去[1]。70歳没。

著書[編集]

  • 逆羽 福武書店 1989.3
  • この世のこと 福武書店 1991.8
  • 誕生 講談社 1994.8
  • 夢の方位 河出書房新社 1995.1
  • 子供たちの居場所 河出書房新社 1996.12
  • 時の肖像 小説・中上健次 新潮社 2002.1
  • 猫宿り 河出書房新社 2003.5

脚注[編集]

  1. ^ 「群像」編集長を経て作家に、辻章氏が死去 読売新聞 2015年5月1日

外部リンク[編集]