コンテンツにスキップ

山田章博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 章博(やまだ あきひろ、1957年2月10日[1][2] - )は、高知県高知市生まれ、京都府在住の漫画家イラストレーター[1][2]京都精華大学漫画学部客員教授[2]

高知県立高知西高等学校[1]大阪経済大学経営学部経営学科中退。主に幻想的な内容の作品を得意とし、水墨画のような美しく繊細な絵柄が特徴。アジアを中心に海外でも人気が高い。代表作に『BEAST of EAST』、『ロードス島戦記 ファリスの聖女』、『十二国記』(イラスト)、『ラーゼフォン』(キャラクターデザイン)など。

概要

[編集]

漫画作品も多数発表しているが一般には小説の挿絵、ゲームのキャラクターデザインなどで広く知られている。主な挿絵作品は、小野不由美の『十二国記』シリーズ、水野良の『ロードス島伝説』、宮部みゆきの『ドリームバスター』など。キャラクター・モンスターデザインなどを手掛けたゲーム作品は『ミスティックアーク』『バズー!魔法世界』『MEREMANOID 〜マーメノイド〜』など。

その他、アニメ『ラーゼフォン』のキャラクターデザインや、映画『SHINOBI-HEART UNDER BLADE-』のコンセプトデザインを担当。

もともと目指していた職業は最初から漫画家[3]で、1980年代には妻、森博嗣ささきすばると同人漫画を執筆していた[4]。画集に掲載された過去の仕事の複数の絵に対し「漫画家の絵」と評している[5]。自身初の個人名義による画集『山田章博画集』の後書きでも、「本職は漫画家、挿絵やイラストは副業といい辛くなる」「自身の人生においてワースト・スリーに入る出来事」と語っており、挿絵師・イラストレーターとして画集を出すことには前向きではなかったことを吐露している[5]。漫画家からイラストレーターとして本格的にデビューするきっかけとなったのは菊地秀行の『ウェスタン武芸帳』から[5]

森博嗣が小説家としてデビューした後も複数作品でイラストを手がけている[4]

経歴

[編集]
  • 1957年2月10日、高知県高知市「山田毛織」の子息として生まれる[1]
  • 1981年、大学在学中に「ぱだんぱだん」(みのり書房『増刊アウト阿蘭』3号)で漫画家デビュー[2]
  • 1996年星雲賞アート部門を受賞。

作品一覧

[編集]

※ 新装版はほぼすべてに内容の増補・カット・改訂などあり

画集

[編集]

単行本

[編集]

共著

[編集]
  • 山田章博 & ひさうちみちお大全集 —スーパーアートコミック2人集(1984年11月、東京三世社) ISBN 4-88570-475-8 ※2人アンソロジー
  • ウィザードリィコミックス ACT2(1994年2月、アスキーISBN 4756108733 アンソロジーの一編を執筆。絶版

表紙・挿絵

[編集]
朝松健 - 著
一条理希 - 著
大野木寛 - 著
小沢章友 - 著
押井守 - 著
小野不由美 - 著
カイ・マイヤー - 著、山崎恒裕 - 訳
竹河聖 - 著
田中芳樹 - 著
七尾あきら - 著
水野良 - 著
宮部みゆき - 著
森博嗣 - 著

他、多数

キャラクターデザイン

[編集]

その他

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d 『スーパーアートコミック2人集 山田章博&ひさうちみちお大全集』、東京三世社、1984年11月、PP167-175
  2. ^ a b c d 完全超悪 2020, p. 335, 「デザイナー紹介/あとがき」
  3. ^ 『色彩王国』 ISBN 4-568-50195-4
  4. ^ a b 「ヴォイド・シェイパシリーズ」の講談社ノベルス化に寄せて/森 博嗣|「ヴォイド・シェイパシリーズ」の講談社ノベルス化に寄せて/森 博嗣|tree”. tree. 2022年1月9日閲覧。
  5. ^ a b c 『山田章博画集』第144-145頁 ISBN 4-12-003263-9
  6. ^ 十二国記”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  7. ^ “蝕世のエンブリオ”がいかにして作られているかを直撃!! 『FF11』新シナリオ開始記念インタビュー! - ファミ通.com”. 2020年10月18日閲覧。

参考文献

[編集]
  • 『平成仮面ライダー怪人デザイン大鑑 完全超悪』ホビージャパン、2020年12月24日。ISBN 978-4-7986-2338-2 

外部リンク

[編集]