見延典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

見延 典子(みのべ のりこ、1955年8月2日 - )は、日本小説家。現姓・豊田。

来歴・人物[編集]

北海道札幌市白石区出身[1]。母方の大叔父・長浜万蔵は白石の牧場主で、本郷通商店街の生みの親として知られる[1]1973年北海道札幌南高等学校3年生の時、小説「指」が北海道新聞社主催の第11回有島青少年文芸賞に佳作入選する[2]

作家になれると確信し、早稲田大学第一文学部に入学。文芸科の卒業論文に200枚の小説もう頰づえはつかない』を書いた。その後、担当の教員が雑誌「早稲田文学」に紹介し、掲載された。1978年3月、早稲田大学卒業。同年11月、『もう頰づえはつかない』は講談社から単行本化され、50万部を超える大ベストセラーになる。本作は1979年に桃井かおり主演で映画化され、ヒットした。

1981年に結婚して広島県へ転居。以後同県で執筆活動を継続する傍ら、地元のテレビ番組やラジオ番組にも出演している。

2000年、歴史小説「すっぽらぽんのぽん」で頼山陽記念文化賞を受賞、2008年『頼山陽』で新田次郎文学賞受賞。 

2001年から北海道新聞社主催・有島青少年文芸賞選考委員。

2015年、広島市政功労表彰を受ける[3]

エピソード[編集]

著書[編集]

  • もう頰づえはつかない』講談社、1978(のち文庫)
  • 『いつのまにか晴れた空』講談社 1981(のち文庫)
  • 『聖なる河』講談社 1984
  • 『男ともだち』講談社 1990
  • 『遺された指輪』祥伝社 1992(「指輪」と改題、祥伝社ノン・ポシェット)
  • 『三人姉妹』講談社、1995
  • 『泣きたい夜』近代文芸社 1997
  • 『愛の炎』上下 講談社 1998
  • 『家なんか建てなきゃよかった』講談社 2003(「家を建てるなら」と改題、文庫)
  • 『頼山陽にピアス』南々社 2004
  • 平家物語を歩く―清盛、義仲義経建礼門院...源平ゆかりの地』歩く旅シリーズ 山と渓谷社、2004 
  • 『頼山陽』徳間書店、2007(のち文庫 上下)
  • 『「平家物語」愛と滅亡のドラマ』ベスト新書、2011 
  • 『敗れざる幕末』徳間書店、2012 
  • 『怒る清盛―頼山陽が描いた「平清盛」』南々社、2012
  • 『竈さらえ ―見延典子短編集・頼山陽をめぐる物語』(発行・本分社)2014
  • 『汚名』本分社 2016
  • 『私のルーツ』 2018

脚注[編集]

外部リンク[編集]