もう頬づえはつかない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「もう頰づえはつかない」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
もう頰づえはつかない
監督 東陽一
脚本 小林竜雄
東陽一
製作 有馬孝
工藤英博
出演者 桃井かおり
奥田瑛二
森本レオ
加茂さくら
織本順吉
伊丹十三
音楽 田中未知
撮影 川上皓市
編集 市原啓子
製作会社 ATG
配給 ATG
公開 日本の旗 1979年12月15日
上映時間 113
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億円[1]
テンプレートを表示

もう頰づえはつかない[2](もうほおづえはつかない)は、日本の小説家・見延典子の小説。早稲田大学第一文学部文芸科の卒業制作として書かれ、『早稲田文学』に発表された。1978年11月講談社より刊行。

小説[編集]

1978年早稲田大学文学部文芸科の学生だった見延典子が卒業小説として講談社より発表。一人の女子大生が体験する愛や性を二人の男子学生の存在により描く。女性読者から 「まるで自分のことが書かれているようだ」 と言わしめるリアルな性体験を渇いた筆致と醒めた視点(観点)から淡々と綴った本作は同世代の学生やOLを中心に脚光を浴び、熱烈な支持を受ける。程なく世代を超えて話題となり、総計50万部を売り上げるベストセラーとなる。

映画[編集]

1979年東陽一監督によってATGで映画化、配給された。出演者は桃井かおり奥田瑛二森本レオ伊丹十三加茂さくら日夏たより伊佐美津江織本順吉など。桃井の演技は、高い評価を得た。
若手時代の村上弘明が出演していることでも有名。

当初主役で決まっていた村上だったが桃井かおりが相手役と決まり釣り合いを考えて監督が奥田瑛二に主役を変えた。

あらすじ[編集]

主題歌[編集]

もう頰づえはつかない
荒井沙知シングル
A面 もう頰づえはつかない
B面 しゃぼん玉消えた
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル フォークロック
時間
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 作詞:寺山修司
作曲:田中未知
編曲:J. A.シーザー
荒井沙知 シングル 年表
(不詳)もう頰づえは
つかない

(1979年)
テンプレートを表示

概要[編集]

作詞寺山修司作曲田中未知編曲J. A.シーザーの「天井桟敷」ゴールデン・トリオにより制作された。歌唱は荒井沙知。発売元はビクター7インチシングル盤規格品番:SV-6621。1979年8月発売。

B面曲の「しゃぼん玉消えた」も同一作家陣による作品である。「もう頰づえはつかない」「しゃぼん玉消えた」共にCD化済(1999年1月25日P-VINEより。規格品番:PCD-1471)。

2003年6月4日、『寺山修司 作詞+作詩集』の『作詞集』の締め括りとして本作が収録、再CD化されソニー・ミュージックエンタテインメントより発売(ISRC:JPVI07907630)[3]

2007年2月25日、荒井沙知のアルバム『赤い鳥ひとり』がCD化され発売された折、「もう頰づえはつかない」「しゃぼん玉消えた」共にボーナストラックとして収録された(販売:SHOWBOAT、規格品番:SWAX-79)。

本作は後に日吉ミミ橋本美香らによってカヴァーされている。

備考[編集]

サウンド・トラック[編集]

「もう頰づえはつかない 桃井かおり」

Side A[編集]

  1. まり子の一日
  2. 橋本とのくらし
  3. 恒雄とのくらし(回想)

Side B[編集]

  1. ピルの夜
  2. 帰って来た恒雄
  3. ホテルの一夜
  4. 橋本の帰京
  5. わかれ
  6. 主題歌/ 「もう頰づえはつかない」(唄:荒井沙知

 

1979年 ビクター規格品番 / LP:KVX-1059 / CT:VCK-1427

出典[編集]

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト10作品」、『キネマ旬報1981年昭和56年)2月下旬号、キネマ旬報社1981年、 117頁。“註・〔1980年〕12月末現在。最終配収ではありません。”
  2. ^ 」/ 数値文字参照:[頰]
  3. ^ 音楽の森 music Forest データベース検索より
  4. ^ a b c JASRAC作品データベース検索

関連項目[編集]

外部リンク[編集]