蝦蟇/蜥蜴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蝦蟇/蜥蜴』(がまとかげ)は、栗本薫の耽美小説短編集。

概要[編集]

3編の耽美小説作品を収録して編纂された短編集。1993年11月に光風社出版より発行された。

3編のうち「蜥蜴」、「蝦蟇」は対をなす作品である。それぞれの主人公は、共に親を亡くして祖母のもとに引き取られた、同い年ながらも対照的な従兄弟2人であり、2人の間に起こった愛憎劇をそれぞれの視点から一人称で語るという趣向で描かれている。

残る「蜘蛛」は、作者が編纂した耽美小説アンソロジー『いま、危険な愛に目覚めて』(集英社文庫)所収の作品「侏儒」を改題し、再録したものである。この作品は、後に河野多惠子ら監修の現代女性作家全集の一冊、『女性作家シリーズ 23 現代秀作集』(角川書店1999年)にも収録された。

書誌[編集]

収録作品[編集]

  1. 蜥蜴
    初出:同人誌『FULL HOUSE 2』
  2. 蝦蟇
    書き下ろし
  3. 蜘蛛
    初出:アンソロジー『いま、危険な愛に目覚めて』(集英社文庫)