キング・オブ・エジプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キング・オブ・エジプト
Gods of Egypt
監督 アレックス・プロヤス
脚本 マット・サザマ英語版
バーク・シャープレス英語版
製作 ベイジル・イバニク
アレックス・プロヤス
製作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ
トファー・ダウ
ケント・クベナ
出演者 ニコライ・コスター=ワルドー
ブレントン・スウェイツ
チャドウィック・ボーズマン
エロディ・ユン
コートニー・イートン
ジェラルド・バトラー
ジェフリー・ラッシュ
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア
編集 リチャード・リーロイド
製作会社 サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 オーストラリアの旗 2016年2月15日
アメリカ合衆国の旗 2016年2月16日
日本の旗 2016年9月9日
上映時間 127分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア[2]
言語 英語
製作費 $140,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $150,680,864[4]
アメリカ合衆国の旗 $31,153,464[4]
日本の旗 5億5000万円[5]
テンプレートを表示

キング・オブ・エジプト』(原題: Gods of Egypt)は、2016年製作のアメリカ合衆国の映画

古代エジプトを舞台としたアクション・ファンタジー・アドベンチャー映画。アレックス・プロヤス監督。

あらすじ[編集]

神と人間が共存し、「生命の神」オシリス王の統治により繁栄を誇っていた古代エジプト。しかし、弟セトのオシリス謀殺により王座は奪われ、人々は暴虐なセトに苦しめられていた。

オシリスの子で、王座と両目を奪われたホルスは、コソ泥の青年ベックと手を組み、エジプトの王に君臨するための鍵を握る重要なアイテム「神の眼」を盗み出すべく、困難極まりない冒険の旅に出る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[6][7]

評価[編集]

第37回ゴールデンラズベリー賞最低作品賞最低監督賞アレックス・プロヤス)、最低脚本賞最低主演男優賞ジェラルド・バトラー)、最低スクリーンコンボ賞の5部門でノミネートされ、いずれも受賞はならなかった。

脚注[編集]

  1. ^ GODS OF EGYPT (12A)”. British Board of Film Classification (2016年4月11日). 2016年9月10日閲覧。
  2. ^ Ward, Sarah (2016年2月24日). “'Gods Of Egypt': Review”. Screen Daily. http://www.screendaily.com/reviews/gods-of-egypt-review/5100826.article 2016年2月25日閲覧。 
  3. ^ Cunningham, Todd (2016年2月19日). “'Gods of Egypt' on Track for $15 Million Opening – Can It Beat the Odds and Launch a Franchise?” (英語). TheWrap. http://www.thewrap.com/gods-of-egypt-on-track-for-15-million-opening-can-it-beat-the-odds-and-launch-a-franchise/ 2016年2月19日閲覧。 
  4. ^ a b Gods of Egypt (2016)” (英語). Box Office Mojo. 2017年8月13日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  6. ^ キング・オブ・エジプト”. ふきカエル大作戦!! (2016年9月9日). 2016年9月10日閲覧。
  7. ^ “中村悠一、沢城みゆき、田中真弓ら10人が「キング・オブ・エジプト」吹替を担当”. 映画ナタリー. (2016年6月23日). http://natalie.mu/eiga/news/191863 2016年7月18日閲覧。 
  8. ^ a b “玉森裕太、吹替え初挑戦!『キング・オブ・エジプト』主人公役に「今から楽しみ」”. ぴあ. (2016年6月14日). http://cinema.pia.co.jp/news/169461/67228/ 2016年7月18日閲覧。 
  9. ^ “大砂嵐、“現役力士史上初”洋画吹替え声優挑戦「相撲の取組より緊張」”. ORICON STYLE. (2016年9月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2078159/full/ 2016年9月9日閲覧。 
  10. ^ “未知やすえ 吹き替え声優初挑戦「ドキドキ、ハラハラでした」”. スポニチアネックス. (2016年7月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/22/kiji/K20160722013010680.html 2016年7月22日閲覧。 

外部リンク[編集]