尼子娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尼子娘(あまこのいらつめ、生没年不詳)は、飛鳥時代女性筑紫国宗像郡豪族胸形徳善の娘。天武天皇の嬪。高市皇子の母。庄子郎女ともいう。

系譜[編集]

伝承[編集]

父とされる宗像徳善の古墳とされる宮地嶽古墳近くで発見された瑠璃壺の骨蔵器は、彼女のものとする説がある[1]

脚注[編集]