桓公 (魯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桓公
王朝
在位期間 前711年 - 前694年
都城 曲阜
諡号 桓公
没年 紀元前694年
恵公
仲子
后妃 文姜

桓公(かんこう、?年9月24日 - 紀元前694年4月10日)は、春秋時代君主。名は、または恵公の子で、隠公の弟。

生涯[編集]

恵公の正夫人の仲子から生まれて、太子に立てられたが、恵公が世を去ったときにはまだ年が幼く、そこで異母兄の姫息姑(魯の隠公)が即位して摂政した。

紀元前712年に魯の隠公が殺された後、翌紀元前711年に即位。18年の在位の間、賢臣として知られる公族の臧孫達(臧哀伯。孝公の孫)を登用して魯を治めるが、紀元前694年に斉国で不慮の死を遂げてしまう。

春秋左氏伝』の記載によると、桓公が夫人の文姜とともに斉国を訪問したとき、斉の襄公(姜諸児)が文姜と姦通した(文姜は襄公の妹であった)。それを知った桓公は、文姜と襄公を指弾するが、逆に襄公の怒りを買ってしまい、同年夏4月10日、襄公が桓公の馬車に同乗させた公子彭生によって、桓公は車上で暗殺された[1]。これに憤激した魯国が斉国に圧力を加えると、襄公は公子彭生に全責任を押し付けて処刑し、責任を回避した。

家庭[編集]

父:

母:

兄弟:

子女:

  • 荘公姫同
  • 慶父(孟孫氏(仲孫氏)祖、共仲)
  • 叔牙(叔孫氏祖、僖叔)
  • 季友(季孫氏祖、成季)

紀年[編集]

魯桓公 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 前711年 前710年 前709年 前708年 前707年 前706年 前705年 前704年 前703年 前702年
干支 庚午 辛未 壬申 癸酉 甲戌 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯
魯桓公 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
西暦 前701年 前700年 前699年 前698年 前697年 前696年 前695年 前694年
干支 庚辰 辛巳 壬午 癸未 甲申 乙酉 丙戌 丁亥

脚注[編集]

  1. ^ 劉向列女伝 3』(平凡社、2001年)169ページ ISBN 978-4-582-80689-2

参考文献[編集]

  • 韓兆琦『新譯史記讀本』、台北、三民書局、2008年2月初版
  • 程發軔『春秋人譜』、台北、台湾商務印書館、1995年1月二版