李牧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李 牧(り ぼく、? - 紀元前229年)は、中国春秋戦国時代国の武将。

史記』「廉頗藺相如列伝」において、司馬遷は李牧を「守戦の名将」と位置づけている。

生涯[編集]

北方の長官[編集]

元々は趙の北方、雁門に駐屯する国境軍の長官で、国境防衛のために独自の地方軍政を許され、匈奴に対して備える任についていた。警戒を密にし烽火台を多く設け、間諜を多く放つなどし、士卒を厚遇していた。匈奴の執拗な攻撃に対しては徹底的な防衛・篭城の戦法を採ることで、大きな損害を受けずに安定的に国境を守備していた。

しかし、そのやり方が匈奴だけでなく、趙兵にさえも臆病者であると思われてしまうこととなる。趙王さえも李牧のやり方を不満に思い責めたが、李牧はこれを改めなかったので任を解かれた。

李牧の後任者は勇敢にも匈奴の侵攻に対して討って出たが、かえって被害が増大し、国境は侵された。そのため趙王は過ちに気付き、李牧に任を請うたが、李牧は門を閉じて外に出ず、病と称して固辞した。それでも将軍に起用されたので、李牧は「王がどうしても私を将軍にしたければ、前の方針を変えないようにさせて下さい」と言い、これを許された。そして李牧は元通り、国境防衛の任に復帰することになった。

ある日、匈奴の小隊が偵察に来た時、李牧は数千人を置き去りにして偽装の敗退を行い、わざと家畜を略奪させた。これに味をしめた匈奴の単于が大軍を率いてきたが、李牧は伏兵を置き、左右の遊撃部隊で巧みに挟撃して匈奴軍を討った。結果、匈奴は十余万の騎兵を失うという大敗北に終わった。その後、さらに代の北にいた東胡を破り、林胡を降したため、単于は敗走し、匈奴はその後十余年は趙の北方を越境して来なくなった。

紀元前243年、国王の命でを討ち、武遂方城などに侵攻している。

斜陽の趙を守る[編集]

紀元前234年、蘭相如や趙奢といった名将を亡くしていた趙は、長平の戦いに大敗し、衰亡の一途をたどっていた。また、折りしも老将廉頗が楽乗と争い出奔したことから、北辺の功を認められた李牧は大将軍に任じられ、中央に召還された。

紀元前233年、秦は趙の赤麗および宜安を攻めたが、李牧はこれを討ち退けた。秦は趙の番吾も攻めたが、再び李牧は秦軍を撃破した。当時、秦の攻撃を一時的にでも退け、しかも秦の領土を奪った将軍は李牧のみであった(その後に項燕が秦の攻撃を防いでいる)。

最期[編集]

紀元前229年、秦の王翦が趙を攻めたので、趙は李牧と司馬尚に防がせた。秦は李牧を排除するため、幽繆王の奸臣郭開に賄賂を送り、趙王と李牧との離間を画策した。郭開は趙王に「李牧と司馬尚が謀反を企てている」と讒言した。趙の軍事を掌握し功名の高い李牧を内心恐れていた幽繆王は、郭開の言を聞き入れ、李牧を更迭しようとしたが、李牧は王命を拒んだ。そのため幽繆王は、ひそかに李牧を捕らえて処断し、司馬尚を更迭した。

李牧が処断されて3ヵ月後、首都邯鄲が陥落し、趙は滅亡した。

史料[編集]