楊端和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楊 端和(よう たんわ/よう たんか、生没年不詳)は、中国戦国時代の将軍。秦王政(後の始皇帝)に仕えた。

経歴[編集]

紀元前238年(始皇9年)、の衍氏を攻めた。

紀元前236年(始皇11年)、王翦桓齮とともにを攻めた。

紀元前229年(始皇18年)、河内の兵を率いて趙の首都である邯鄲を囲む。翌年、王翦と羌瘣が趙を平定した。

史料[編集]

関連事項[編集]