楊端和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楊 端和(よう たんわ/よう たんか、生没年不詳)は、中国戦国時代の将軍。秦王政(後の始皇帝)に仕えた。

経歴[編集]

紀元前238年(始皇9年)、の衍氏を攻めた(衍氏の戦い)。

紀元前236年(始皇11年)、王翦桓齮とともにを攻めた(鄴の戦い)。

紀元前229年(始皇18年)、河内の兵を率いて趙の首都である邯鄲を囲む。翌年、王翦と羌瘣が趙を平定した

史料[編集]

関連事項[編集]

  • 漫画『キングダム』 - 作中の楊端和は容姿端麗で気の強い女性で、秦国の後背に位置する山岳地帯に割拠する数多の異民族を己が武力と魅力で統一した女王でもあり、秦王政の同盟者として描かれている(史実では異民族ではなく中国人であり、男性である)。