幽繆王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
幽繆王
王朝
在位期間 前236年 - 前228年
都城 邯鄲
姓・諱 趙遷
諡号 幽繆王
悼襄王
悼倡后

幽繆王(ゆうぼくおう、生没年不明、在位紀元前236年紀元前228年)は、中国戦国時代の王。悼襄王の子。

生涯[編集]

紀元前234年軍は平陽(現:河北省臨漳県西部)と武城(現:山東省武城県西部)を奪い、武遂では趙の将軍扈輒を討ち、10万の首級を挙げた[1]

紀元前233年、幽繆王は李牧を大将軍に任じて反撃に転じ、秦軍を宜安(現:河北省石家荘市藁城区南西部)で破り、秦の将軍桓齮を討ち取った[2]。この功により、幽繆王は李牧を武安君に封じた[3]

その後も李牧は司馬尚司馬卬の父)とともにたびたび秦軍を撃破した。苦戦した秦は李牧を排除すべく、趙の臣郭開に多額の賄賂を贈って、李牧と司馬尚が謀反を企んでいると幽繆王に讒言させた。幽繆王はこれを信じて、李牧を誅殺し、司馬尚を更迭した(紀元前229年[4][5]趙葱と斉将・顔聚がその地位に代わった[6]

紀元前228年、李牧誅殺の3か月後に王翦が趙葱、顔聚を破り[7]、秦軍は邯鄲を占領した[8]。幽繆王は東陽へ逃げたが、王翦、羌瘣にその地も平定され、捕らえられた[9]。なお、邯鄲が陥落したときに捕虜となったとする説もあれば[10]、顔聚とともに捕虜になったとする説もある[11]

その後、王は房陵に流され、趙は滅亡した。だが、趙の公子嘉(幽繆王の異母兄)は(現:河北省蔚県)に逃れ、そこで自立して王を名乗った(代王嘉)。

脚注[編集]

史料[編集]

先代:
悼襄王
の王
紀元前236年 - 紀元前228年
次代:
代王嘉