王賁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 賁(おう ほん[1]、生没年不詳)は、中国戦国時代から代にかけての秦の将軍。は典[2]。頻陽県東郷(現在の陝西省渭南市富平県の北東)の人。王翦の子。王離の父。・代()・を滅ぼして、秦の天下統一に貢献した。

経歴[編集]

紀元前226年(始皇21年)、王翦と燕を攻め、燕都のを陥落させ、燕王喜遼東に逃亡させた。

紀元前225年(始皇22年)、魏を攻め、黄河の水を魏都の大梁に引いてこれを包囲し、魏王假を降伏させ、魏を滅ぼした[3]

紀元前222年(始皇25年)、燕の遼東を攻め、燕王喜を捕え、燕を滅ぼした。さらに、代(趙の滅亡後に趙の王族が代に逃れて樹立した政権)を攻め、代王嘉を捕え、代を滅ぼした。

紀元前221年(始皇26年)、李信蒙恬と共に燕を南下して斉を攻め、斉都の臨淄を包囲し、斉王建を降伏させ、斉を滅ぼした。かくして、秦は、天下を統一した。

紀元前219年(始皇28年)、通武侯に封じられる。この年の始皇帝の東方巡幸に随行し、瑯琊台の瑯琊台刻石に息子の王離と共にその名が列せられる[4]

子孫は、いわゆる琅邪王氏太原王氏になったとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』白起王翦列伝注『史記索隠』によれば、「賁音奔」とあり、賁は「ほん」と読む。
  2. ^ a b 新唐書』宰相世系表二中による。
  3. ^ 秦始皇本紀、魏世家
  4. ^ 『史記』秦始皇本紀 始皇28年の条

参考文献[編集]