華夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
華夏
Ma Yuan - Water Album - The Yellow River Breaches its Course.jpg
逆流する黄河。馬遠の作品。
繁体字 華夏
簡体字 华夏

華夏(かか)とは、漢民族の間に存在する自民族中心主義の1つである中華思想において、中国のことを美化して表現する歴史民俗用語である[1]。この用語は元来、新石器時代後期および青銅器時代初期の、現代の漢民族の祖先であった農業部族のことも指しており[2][3]、現在でもこの用法で用いられることもある。この概念は、漢民族の自らの祖先に対する盲目的な礼賛に由来している[4]

語源[編集]

孔子の編纂によると伝えられる中国の歴史書・春秋の代表的な注釈書の1つである春秋左氏伝によれば、「壮大さ」を意味する「夏」の語は、中国の儀式における「礼儀の大」を表すために用いられ、「著名さ」を意味する「華」の語は、漢民族の伝統的な民族服である漢服の「章服の美」を表すために用いられていた[5]

歴史[編集]

起源[編集]

華夏という語は元来、関中の渓谷沿い、および黄河の河沿いに居住していた、新石器時代後期および青銅器時代初期の、現在の漢民族に連なる農業部族のことを指していた[6][7][8][9][10][11][12]。この概念は中国古代の戦国時代紀元前443年紀元前221年)に発展し、戦乱の最中に古代中国全土に広まっていった[12][13]。その頃になると、華夏は主に文明社会のことを定義するようになり、周囲の野蛮と見なしていた国々とは対照的な意味合いで用いられるようになった[14][15](中國有禮儀之大、故稱夏;有服章之美、謂之華)。

現在の用法[編集]

現在では「華夏」の語も使用されるが、「華」と「夏」のそれぞれの漢字も自立語として使用されている。

また、それぞれ中国の正式名称である中華人民共和国中国語: 中華人民共和國/中华人民共和国)と中華民国中国語: 中華民國)の2つは、「華夏」の語を「中国」の語と組み合わせて、中華という意味合いで使用している[14]。現在、中国という語は、中国そのものおよび中華の文明のことを指す。

現代の漢民族は、華夏の略称として「華人」の語を、自らの祖先に当たる民族に対する彼らの認識を示す言葉として用いている[16]

「華夏」の語を冠する事物[編集]

「華夏」の語は現在でも多くの事物に冠せられており、1966年には台湾新北市中和区にて、技術大学の華夏農業専科学校(現華夏科技大学)が設立された。また1986年には、中国の北京市東直門外香河園北里4号に本社を置く総合出版社である華夏出版社が、1992年には北京市東城区に本社を置く商業銀行華夏銀行が、2006年には貴州省貴陽市に本社を置くローカル線専門の航空会社華夏航空が、それぞれ設立されている他、2007年上海市で開業した上海軌道交通6号線鉄道駅華夏東路駅および華夏西路駅の2駅にも、それぞれ「華夏」の語が冠せられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Schliesinger, Joachim (2016). Origin of Man in Southeast Asia 2: Early Dominant Peoples of the Mainland Region. Booksmango. p. 10-17. 
  2. ^ Guo, Rongxing (2016). An Introduction to the Chinese Economy: The Driving Forces Behind Modern Day China. Wiley. p. 66-67. ISBN 9783319323053. 
  3. ^ Schliesinger, Joachim (2016). Origin of Man in Southeast Asia 2: Early Dominant Peoples of the Mainland Region. Booksmango. p. 10-17. 
  4. ^ Guo, Rongxing (2016). An Introduction to the Chinese Economy: The Driving Forces Behind Modern Day China. Wiley. p. 66-67. ISBN 9783319323053. 
  5. ^ Liu 2005, p. 9
  6. ^ Minahan, James (2014). Ethnic Groups of North, East, and Central Asia: An Encyclopedia. ABC-CLIO (February 10, 2014発行). p. 90. ISBN 978-1610690171. 
  7. ^ Schliesinger, Joachim (2016). Origin of Man in Southeast Asia 2: Early Dominant Peoples of the Mainland Region. Booksmango. p. 10-17. 
  8. ^ Cioffi-Revilla, C.; Lai, D. (1995年). “War and Politics in Ancient China, 2700 B.C. To 722 B.C.: Measurement and Comparative Analysis”. Journal of Conflict Resolution 39 (3): 467–494. doi:10.1177/0022002795039003004. 
  9. ^ West, Barbara A (2009-01-01). Encyclopedia of the Peoples of Asia and Oceania. ISBN 9781438119137. https://books.google.com/books?id=pCiNqFj3MQsC&pg=PA253. 
  10. ^ Guo, Rongxing (2016). An Introduction to the Chinese Economy: The Driving Forces Behind Modern Day China. Wiley. p. 66-67. ISBN 9783319323053. 
  11. ^ Cioffi-Revilla & Lai 1995, pp. 471–72.
  12. ^ a b Selin 1997, p. 197.
  13. ^ Guo & Feng 1997, p. 197.
  14. ^ a b Holcombe 2010, p. 7.
  15. ^ Schliesinger, Joachim (2016). Origin of Man in Southeast Asia 2: Early Dominant Peoples of the Mainland Region. Booksmango. p. 10-17. 
  16. ^ Solé-Farràs 2013, p. 93.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]