馬玩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬 玩(ば がん、生没年不明)は、中国後漢末期の豪族。

三国志馬超伝注に引用された典略において、211年曹操へ反乱を起こした馬超・韓遂成宜ら九名と共に、関中軍閥の一人として記載されている。それ以外の事績は不明である。なお、馬超とは「馬」姓で同姓だが、親族という記述も無い。

小説『三国志演義』では、韓遂の部下として長安攻略で活躍する。その後、曹操の計略により馬超と韓遂が仲違いすると、韓遂に従い馬超抹殺の謀議をめぐらすが、陣を強襲してきた馬超により真っ先に斬られている。