雷銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雷銅
後漢
出生 生年不詳
死去 218年建安23年)
ピン音 Léi Tóng
別名 雷同
主君 劉備

雷 銅(らい どう、? - 218年)は、中国後漢末期の武将。『三国志』蜀書先主伝・周羣伝にのみ記述がある。「雷同」とも呼ばれる。

生涯[編集]

張任の部下。黄忠に追い詰められ、劉備に降参した。その後、張飛の信頼厚い部下となった。張飛に命令され、3000の手勢を率いて、戦ったが、伏兵にあって重傷を負ったところを、魏の名将張コウとどめを刺された。張コウを助けるために来た、夏候尚・曹洪の援軍に囲まれ、激戦の末、戦死したという説もある。

参考文献[編集]