雷銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雷銅
後漢
出生 生年不詳
死去 218年建安23年)
ピン音 Léi Tóng
別名 雷同
主君 劉備

雷 銅(らい どう、? - 218年)は、中国後漢末期の武将。『三国志』蜀書先主伝・周羣伝にのみ記述がある。「雷同」とも呼ばれる。

人物[編集]

生涯[編集]

劉備配下。建安23年(218年)、劉備の漢中進軍に先行して、雷銅は呉蘭と共に武都郡へ進攻した[1]。しかし雷銅は曹操が派遣した曹洪軍に敗北し、軍を全滅させられ戦死した。史書の記述はこれだけである。

物語中の雷銅[編集]

小説『三国志演義』では劉璋配下として登場する(史実では、劉璋配下であったかどうかは確認できない)。益州進攻を開始した劉備軍を防ぐため、呉懿に推挙され呉蘭と共にその副将となり、雒城を守る。張任の命令で城から出陣して善戦するが、計略にかかって劉備軍に捕まり、後に降伏しその部将となる。 劉備の益州平定後は、漢中で張飛に従って巴西を守る。張郃が三万の兵を連れて攻めて来たが、張飛と共にこれを前後から攻め、伏兵で攻撃し撃退している。しかし、雷銅が逃げる張郃を追撃したところ、今度は相手方の伏兵に退路を断たれてしまい、張郃に突き殺されることになっている。

[編集]

  1. ^ ただし『三国志』魏書武帝紀によれば、呉蘭は建安22年(217年)末に下弁(武都郡)に駐屯したとある。

参考文献[編集]