小竹文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小竹 文夫(おだけ ふみお、1900年1月18日 - 1962年10月16日)は、日本の東洋史学者。

石川県出身。上海の東亜同文書院を卒業後(第19期生)、京都帝国大学文学部東洋史学科を卒業し、戦前は東亜同文書院大学教授、戦後は金沢大学東京教育大学で教授を務めた。1961年「清代社会経済史の基礎研究 人口と耕地の問題」で東京教育大学文学博士取得。司馬遷の「史記」の全訳を弟の小竹武夫とともに行った[1]

著書[編集]

  • 『現代支那史』弘文堂書房 1940年
  • 『近世支那経済史研究』弘文堂書房 1942年
  • 『支那の自然と文化』弘文堂書房 教養文庫 1947年
  • 『上海三十年』弘文堂 アテネ文庫 1948年
  • 『中国社会 社会科文庫』三省堂 1949年
  • 『東洋歴史辞典』弘文堂 アテネ文庫 1953年
  • 『中国の思想問題 胡風事件をめぐって』大学出版協会 1956年
  • 『中共の人民公社について』日本文化連合会叢書 1959年

共著編[編集]

  • 『世界史 東洋』鈴木俊共編 雄渾社 1956年
  • 『世界史辞典』編 岩崎書店 1957年 学生の辞典新書
  • 『世界人名辞典』編 岩崎書店 1957年 学生の辞典新書
  • 『東洋史』鈴木俊共編 有信堂 1957年
  • 『現代中国革命史 人民政府の成立について』草野文男共著 弘文堂 アテネ新書 1958年
  • 百家争鳴 中共知識人の声』編著 弘文堂 1958年
  • 『元史刑法志の研究訳註』岡本敬二共編著 教育書籍 1962年

翻訳[編集]

  • 司馬遷『史記 現代語訳』全7巻 小竹武夫共訳 弘文堂 1956年-1957年 のちちくま学芸文庫

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典