部曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

部曲 (かきべ、ぶきょく)は、古代の中国朝鮮日本の私有民や私兵などの身分のことである。日本では民部とも書く[1]。中国が起源で、賤民であり、隷属的集団。

中国[編集]

部曲
各種表記
簡体字 部曲
拼音 bùqū
発音: ブーチュー
テンプレートを表示

部曲は古代中国の漢代から魏晋南北朝時代において、人間集団の組織、とくに軍隊組織において大隊を部、中隊を曲といい、部曲は軍団を意味した[2]南北朝時代には私兵を意味していた。

その後、北周の時代から私賤民の呼称として用いられ、の時代に賤民としての用法が定着した[2][3]奴婢とは違って売買されず、法的には奴婢より上位に置かれた。

日本[編集]

部曲(かきべ、かきのたみ、かき)は、大化の改新以前の豪族の私有民である。天武朝以後は公民となった[1]

朝鮮[編集]

部曲
各種表記
ハングル 부곡
漢字 部曲
発音 プゴク
テンプレートを表示

部曲(プゴク)は、新羅高麗賤民である。良民が住む地方はとされたが、賤民が住む地方は、部曲として区別された。李氏朝鮮時代にはなくなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b kotobank,デジタル大辞泉
  2. ^ a b kotobank,世界大百科事典 第2版
  3. ^ 深津行徳「律令「浮浪」「逃亡」規定について」学習院史学 28, 46-55, 1990-03-00

参考文献[編集]

関連項目[編集]