桓楚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桓楚(かんそ)は、東晋の時代に楚王桓玄が建てた短命の王朝である(403年 - 404年)。

403年元興2年)、東晋の実権を掌握した楚王桓玄が、安帝禅譲を迫り、帝位を譲り受ける形で成立した政権である。403年12月20日、安帝は玉璽を献上し、桓玄に譲位した。404年1月1日、桓玄は正式に皇帝に即位し、国号を楚と改め、永始に改元した。その他のを国号とする王朝と区分するために、桓玄が建てたこの政権は桓楚と呼ばれる。

名目上は、桓楚は建国後直接東晋の領土を継承したが、実際はその勢力範囲は江陵以東の長江中下流域一帯に留まった。建国から僅か3ヵ月後の404年劉裕が桓玄打倒のクーデターを起こし、徐羨之諸葛長民檀道済劉毅らも劉裕に呼応、敗れた桓玄は建康(現在の江蘇省南京市)を脱出して安帝を人質にして西へ逃れたところを、子の桓昇とともに益州都護の馮遷によって殺害され、従兄弟の桓謙が安帝に国璽を奉還して桓楚は滅亡した。

桓楚滅亡後、桓氏一族は兵を起こして東晋軍に対抗し、敗れる前での数年間、長江中流域一帯で存続した。

桓楚の皇帝[編集]

桓楚の皇帝
廟号 諡号 年号 姓名 生没年 在位期間
太祖 宣武皇帝 - 桓温 312年 - 373年 -
- 武悼皇帝 永始 桓玄 369年 - 404年 403年 - 404年
- - 天康 桓謙 ? - 410年 404年 - 405年
- - - 桓振 ? - 405年 405年
- - - 桓石綏 ? - 405年 405年

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
桓彝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚宣武帝桓温
312-373
 
 
 
桓豁
 
 
 
桓沖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚武悼帝桓玄
369-403-404
 
桓石虔
 
桓石綏
?-410
 
桓謙
?-410
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桓振
?-405
 
 
 
 
 
 

太字文は桓楚が存在した期間。

参考文献[編集]

関連項目[編集]