黄韜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄 韜(こう とう、? - 348年)は、五胡十六国時代の人物。豫章郡の出身。

生涯[編集]

348年12月、孝神皇帝を自称した。臨川出身の李高を相に任じると、数千の衆を集め、自らは犢車に乗り皁袍を着用したという。

その後、臨川を始めとした郡県を荒らし回った。臨川郡太守庾條が鎮圧に赴くと、黄韜は敗北を喫した。これにより乱は平定された。

参考文献[編集]

  • 晋書』帝記第8 列伝第43