宕昌国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宕昌(とうしょう)は、宕昌羌ともいい、中国五胡十六国時代から南北朝時代にかけて族が建てた政権。都城は宕昌城(現在の甘粛省宕昌県の西)。首長の姓は「梁」といった。

梁勤が宕昌王を自称したのを初代とする。梁勤とその後継者たちは、ときの南北朝の政権に朝貢して冊封を受けている。

564年、宕昌王の梁弥定がしばしば北周の領域を侵犯したので、北周の武帝の怒りを買った。武帝が大将軍田弘に命じて宕昌国を討たせ、その地に宕州を立てると、宕昌はここに滅亡した。

宕昌の君主[編集]

参考資料[編集]

  • 魏書』巻101 列伝第89
  • 南斉書』巻59 列伝第40
  • 梁書』巻54 列伝第48 諸夷
  • 周書』巻49 列伝第41 異域上