安帝 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安帝 司馬徳宗
東晋
第10代皇帝
王朝 東晋
在位期間 太元21年9月21日 - 元興2年12月3日
396年11月7日 - 404年1月1日
元興3年5月26日 - 義熙14年12月17日404年6月19日 - 419年1月28日
都城 建康
姓・諱 司馬徳宗
徳宗
諡号 安皇帝
生年 太元7年(382年
没年 義熙14年12月17日
419年1月28日
孝武帝
陳淑媛
后妃 王皇后
陵墓 休平陵
年号 隆安 : 397年 - 401年
元興 : 402年 - 404年
大亨 : 402年
義熙 : 405年 - 418年

安帝(あんてい)は、東晋の第10代皇帝孝武帝の長男。諱は徳宗、字は徳宗。重度の知的障害によりその治世においては国政を執り行う事ができず、臣下たちの権力闘争を許し、安帝自身も翻弄され続けた末に、最後はのちの南朝宋の武帝劉裕の手に掛かって暗殺された。

生涯[編集]

晋王朝系図】(編集
  • 晋書』本紀巻1~10、列伝巻7・8・29・44・68・69による
  • 太字は皇帝(追贈含む)、数字は即位順。
 
 
 
 
(追)宣帝司馬懿
 
(追)景帝司馬師
 
斉王司馬攸
 
東萊王司馬蕤
 
 
斉王司馬超
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海王司馬寔
 
 
広陽王司馬冰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉王司馬冏
 
 
済陽王司馬英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文帝司馬昭
 
 
(西1)武帝司馬炎
 
(西2)恵帝司馬衷
 
(恵1)皇太子司馬遹
 
南陽王司馬虨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚王司馬瑋
 
 
秦王司馬郁
 
 
(恵2)皇太孫司馬臧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南王司馬允
 
 
漢王司馬迪
 
 
(恵3)皇太孫司馬尚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清河王司馬遐
 
(恵4,6)皇太子司馬覃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長沙王司馬乂
 
 
(懐)皇太子司馬詮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(愍)皇太子司馬端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(恵5,7)皇太弟司馬穎
 
廬江王司馬普
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中都王司馬廓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呉王司馬晏
 
(西4)愍帝司馬鄴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(西3)懐帝司馬熾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汝南王司馬亮
 
汝南王司馬矩
 
汝南王司馬祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西陽王司馬羕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南頓王司馬宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
琅邪王司馬伷
 
琅邪王司馬覲
 
(東1)元帝司馬睿
 
(東2)明帝司馬紹
 
(東3)成帝司馬衍
 
(東6)哀帝司馬丕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武陵王司馬澹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東7)廃帝司馬奕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梁王司馬肜
 
 
東安王司馬繇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東4)康帝司馬岳
 
(東5)穆帝司馬聃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮陵王司馬漼
 
 
 
 
 
 
(東8)簡文帝司馬昱
 
(東9)孝武帝司馬曜
 
(東10)安帝司馬徳宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
扶風王司馬駿
 
新野王司馬歆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東11)恭帝司馬徳文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(僭)趙王司馬倫
 
(倫)皇太子司馬荂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会稽王司馬道子
 
世子司馬元顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
済陽王司馬馥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汝陰王司馬虔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覇城王司馬詡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安平王司馬孚
 
義陽王司馬望
 
河間王司馬洪
 
義陽王司馬威
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竟陵王司馬楙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太原王司馬瓌
 
河間王司馬顒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東武城侯司馬馗
 
高密王司馬泰
 
東海王司馬越
 
世子司馬毗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新蔡王司馬騰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南陽王司馬模
 
南陽王司馬保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
范陽王司馬綏
 
范陽王司馬虓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一切の意思表示ができないという重度の知的障害者であったが、太元21年(396年)に父の孝武帝司馬曜が殺された後、皇帝として擁立された。安帝自身は政治を行なえず、最初は叔父の司馬道子とその子の司馬元顕による専横、隆安3年(399年)には孫恩の乱が勃発、元興元年(402年)に司馬道子父子が桓玄の反乱で殺されると、翌元興2年(403年)にはその桓玄に禅譲を迫られて帝位を追われ、平固王に降格された上で身柄を連れ去られた。翌永始2年(404年)に劉裕らの挙兵によって「皇帝」桓玄が殺され江陵にて復位するも、その直後に桓楚の残党をまとめた桓振によって江陵が占拠されるとまたも身柄を捕えられ[1]、あまつさえ殺害されかけるという有様であった[2]

桓振の敗死によりようやく再び朝廷に戻る事ができたが、今度は桓楚の打倒に際し功を挙げた劉裕らの専横を許すことになった。そして義熙14年12月(419年1月)、劉裕の命を受けた中書侍郎の王韶之によって、宮中の東堂で暗殺された[3]。享年37。なお『宋書』には暗殺されたとの記述はなく、武帝本紀中において「(義熙十四年)十二月、天子崩」と記されたのみである。その後弟の司馬徳文(恭帝)が劉裕に擁立された。

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』巻10 安帝紀「閏五月己丑、桓玄故将揚武将軍桓振陥江陵、劉毅・何無忌退守尋陽、帝復蒙塵於賊営。」
  2. ^ 資治通鑑』巻113「瞋目謂帝曰:「臣門戸何負国家、而屠滅若是!」琅邪王徳文下床謂曰:「此豈我兄弟意邪!」振欲殺帝、謙苦禁之、乃下馬、斂容致拜而出。」
  3. ^ 『晋書』巻10 安帝紀「劉裕将為禅代、故密使王韶之縊帝而立恭帝、以應二帝云。」

関連項目[編集]