恭帝 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恭帝 司馬徳文
東晋
第11代皇帝
王朝 東晋
在位期間 419年1月28日 - 420年7月7日
姓・諱 司馬徳文
徳文
諡号 恭皇帝
生年 太元11年(386年
没年 永初2年9月30日
421年11月10日
孝武帝
陳淑媛
后妃 褚皇后
陵墓 沖平陵
年号 元熙 : 419年 - 420年

恭帝(きょうてい)は、東晋の第11代(最後)の皇帝。9代皇帝孝武帝の次男。諱は徳文、字も徳文。

生涯[編集]

知的障害とされる同母兄の安帝と異なり、英明な資質があったと評される。劉裕が安帝を殺害して簒奪しようとしているのを察知し、常に安帝の傍にいたが、義熙4年(418年)、司馬徳文が不在の際に安帝は殺害された。その後、劉裕により皇帝として擁立されたが、これはもはや禅譲の布石としての傀儡に過ぎなかった。そして結局、元熙2年(420年)に劉裕に禅譲することを余儀無くされた。こうして東晋は滅亡し、新たに劉裕(高祖武帝)による王朝が成立したのである。この時、「晋氏(東晋)はとうに滅んでいたはずだった、何を恨むことがあろう」と言ったと『晋書』にはある。

司馬徳文は宋によって零陵王に封じられたが、翌年殺害された。

東晋の正統性を認めていない『魏書』によると、武帝の兵に服毒自殺を命じられたが、「仏教では、自殺者は人に転生できない」と拒んだので撲殺されたという。つまり、司馬徳文は仏教徒であった。また、同書によれば皇后褚霊媛の兄・褚季之と弟の褚淡之は武帝に通じて、司馬徳文の子が生まれる度に殺害したという。

宗室[編集]

子女[編集]

  • 海塩公主司馬茂英 - 少帝の皇后
  • 当陽公主
  • 他に、『魏書』によれば少なくとも2人以上の殺害された子がいた。