康帝 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
康帝 司馬岳
東晋
第4代皇帝
王朝 東晋
在位期間 342年 - 344年
姓・諱 司馬岳
世同
諡号 康皇帝
廟号 顕宗
生年 大興5年(322年
没年 建元2年9月26日
344年11月17日
明帝
明穆皇后
皇后 康献皇后
陵墓 崇平陵
年号 建元 : 343年 - 344年

康帝(こうてい)は、東晋の第4代皇帝明帝の子で、咸康8年(342年)に同母兄である成帝の死により、急遽皇位を継ぎ、在位2年ほどで早逝した。

生涯[編集]

康帝は明帝の第2子。325年に明帝が死ぬと成帝が即位し、康帝は呉王、後に琅琊王に封ぜられた。

即位当時、成帝には幼い子がいたが、外戚としての専権を失うことを恐れたにより、「国難の時期に幼帝はふさわしくない」との名目で、同母弟である司馬岳が皇位に就けられた。

短い治世のほとんどは後趙石虎との戦いに費やされた。なお、この戦いの中で、後代に実権を握る桓温が頭角を現している。しかし皇帝としての力量を発揮する間もなく、在位2年ほどの23歳、病気で兄と同様に早逝した。

宗室[編集]

[編集]