衛将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

衛将軍(えいしょうぐん)は前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。

続漢書』百官志によれば、常に置かれるわけではなく、反乱の征伐を掌り兵を指揮する。将軍位としては大将軍驃騎将軍車騎将軍に次ぐ。

属官には長史司馬(各官秩比千石)、従事中郎(官秩比六百石)がいる。兵を領する場合、部・曲が置かれる。部には校尉(官秩比二千石)、軍司馬(官秩比千石)が置かれる。部の下に曲があり、軍候(官秩比六百石)が置かれる。曲の下には屯があり、屯長(官秩比二百石)が置かれる。

曹魏では、二品官であった。

になると、陸曄が衛将軍・儀同三司に任ぜられたのをきっかけに一品官となり、東晋代まで将軍職の筆頭となった。北朝でも設置された。

代には設置されなかった。

参考文献[編集]