司馬晏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

司馬 晏(しば あん、281年 - 311年6月)は、中国西晋皇族平度。呉王の地位にあった。

生涯[編集]

父は西晋初代皇帝武帝。母は李夫人。第2代皇帝恵帝は異母兄で、第3代皇帝懐帝は異母弟にあたる。

父帝より呉王に封じられ、射声校尉・後軍将軍となる。八王の乱では司馬倫が恵帝を廃して簒奪すると、同母兄の司馬允が反発して挙兵した。しかし司馬允は敗れて殺害され、司馬晏も同母弟のため捕縛された。しかし司馬倫は殺害を勧める臣下の提言を無視して代王(代王に封じられる事は一種の僻地の王のために左遷ではある)に封じて手はかけようとしなかった。301年に司馬倫が殺されると呉王に戻され、さらに上将軍・侍中に任命された。その後も続く八王の乱の中で司馬晏は殺される事なく有力な王について生き延びた。なお、武帝の皇子の中で八王の乱を生き延びたのは懐帝の他は司馬晏だけであった。

このため異母弟の懐帝時代には太尉大将軍となる。しかし311年6月、永嘉の乱で漢(前趙)の劉曜らの攻撃により洛陽が陥落すると懐帝と共に捕縛され、司馬晏は漢により殺害された。享年31。のちに息子の愍帝より太保を追贈された。

子孫[編集]

司馬晏には5人の息子があった。長男は名前不詳で、次男に司馬祥、3男に司馬鄴、4男に司馬固、5男に司馬衍らがいた。この内、4男と5男は洛陽陥落の際に漢により殺され、3男の司馬鄴は西晋の残党により洛陽から逃れて長安で擁立され、313年に懐帝が漢により殺害されると、第4代皇帝愍帝として即位するが、316年に長安が漢により陥落して捕縛され、翌年に殺されて西晋は滅亡した[1][2][3][4]

人物[編集]

司馬晏が八王の乱で延命する事ができたのは恵帝同様に暗愚だったためとされる。実際に司馬倫が重臣の意見に反して生かし、司馬越他の諸王にすら警戒されずむしろ重用されているためそれほど能力が欠如していた可能性がある。またかなり病弱で眼病を患っていたために朝廷で政務を行なえなかった。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 川本『中国の歴史、中華の崩壊と拡大、魏晋南北朝』、P58
  2. ^ 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P49
  3. ^ 駒田『新十八史略4』、P61
  4. ^ 山本『中国の歴史』、P94

参考文献[編集]