桓沖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桓 沖(かん ちゅう、328年 - 384年4月)は、中国東晋武将幼子

生涯[編集]

父は桓彝。兄に東晋の実権を握った大司馬桓温桓雲桓豁桓祕がいる。甥に桓熙桓済桓歆桓禕桓偉桓玄。子に桓嗣桓謙桓修桓崇桓弘桓羨桓怡

末弟であったが、兄の桓温から性格と才気、器量を評価されて可愛がられていた。373年に桓温が禅譲の直前で病死すると、兄の指名で桓氏を継いだ。これは兄の息子桓玄が幼児だったため、中継ぎとして入れられたためである[1]。しかし兄がいるのに末弟が継いだため、桓温没後に2人の兄が騒動を起こして桓沖はこの鎮圧を行なった。また兄が禅譲まで行なおうとしたことから謝安からは警戒され、桓沖は平北将軍徐州兗州2州の刺史職を取り上げられる代わりに揚州刺史に任命されているが、これは桓氏の兵権を荊州軍閥である「西府軍団」のみに制限したようなものだった。

だが桓沖は兄と違って忠実で、西府軍団の長として謝安の政権に参画した。383年淝水の戦いでは前秦の大軍が迫る中で都の守護のために西府兵の中から3000人の精鋭を派遣している[2]。しかし謝安に断られ、さらに謝安が戦略について何も語ろうとしなかったため、「大敵が今にも来るというのに、戦の経験の無い若者を駆り出して自分は遊んでいる。これでは我々は降参するしかない」と嘆息したという[3]。淝水の戦いでは前秦軍の機先を制するために襄陽を攻めたが、前秦軍に押し留められた[4]

384年4月に死去。享年57。甥の桓玄が跡を継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 駒田『新十八史略4』、P135
  2. ^ 駒田『新十八史略4』、P125
  3. ^ 駒田『新十八史略4』、P126
  4. ^ 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P95

参考文献[編集]