三崎良章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「三﨑良章」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

三崎 良章 (みさき よしあき、1954年 - )は、日本歴史学者教員東アジア史専攻。埼玉県深谷市出身。

概要[編集]

埼玉県深谷市に生まれた[1]1977年(昭和52年)、早稲田大学の第一文学部東洋史学専攻を卒業し[1]1983年(昭和58年)、早稲田大学大学院の博士後期課程で単位取得後に退学した[1]マールブルク大学客員研究員、北京大学客員研究員を経て[1]早稲田大学群馬大学群馬県立女子大学の講師等を務めた[1]。その後、早稲田大学本庄高等学院の教員となった[1]

専攻は東アジア史だが[1]、主な研究対象は中国五胡十六国時代民族である[2]1994年平成6年)7月、研究を通じて交流のあった町田隆吉(のちに桜美林大学教授)らとともに、五胡十六国時代を研究テーマとした「五胡の会」(ごこのかい)を立ち上げた[3][4]。この研究会は、散佚した五胡十六国時代の編纂資料の佚文の蒐集整理、会員の研究交流等を目的としており[3][5]、2012年(平成24年)には、佚文を体系的に整理した『五胡十六国覇史輯佚』(燎原書店)を刊行するなど、20年近くにわたり活動を続けている[注 1]1996年秋、五胡十六国時代をテーマにした本の執筆依頼を受けた[2]。執筆に5年あまりをかけて完成させ、2002年(平成14年)、『五胡十六国 -中国史上の民族大移動-』(東方書店)として刊行した。2005年、論文「五胡十六国の研究」にて「博士(文学)」の学位を授与された[6][7]

著作[編集]

単著[編集]

共著等[編集]

論文[編集]

  • 「五胡諸国の異民族統御官と東晋 -南蛮校尉・平呉校尉の設置を中心として-」 - 『東方学』82(東方学会、1991年)所収。
  • 「異民族統御官にあらわれた五胡諸国の民族観」 - 『東洋史研究』54-1(東洋史研究会、1995年)所収。
  • 東夷校尉考」 - 『東アジア史の展開と日本 -西嶋定生博士追悼論文集-』(西嶋定生博士追悼論文集編集委員会編、2000年)所収。
  • 「五胡十六国の研究」 - 博士論文(早稲田大学、2004年提出)[11][12]。単行本『五胡十六国の基礎的研究』(汲古書院、2006年)は、本論文に加筆修正を施したものである[12]
  • 「十六国夏の年号について」 - 『史観』152(早稲田大学史学会、2005年)所収。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 五胡の会のブログによると、本会は『五胡十六国覇史輯佚』の刊行をもって会合としての活動を停止するが、本書のサポートと情報交換のためのメーリングリストは存続させる、としている。「『五胡十六国覇史輯佚』ついに刊行五胡の会ブログ2012年3月14日付、2012年12月5日閲覧.

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 三崎良章 『五胡十六国 -中国史上の民族大移動-』 東方書店〈東方選書36〉、2002年、p.217.
  2. ^ a b 三崎良章 『五胡十六国 -中国史上の民族大移動-』 東方書店〈東方選書36〉、2002年、p.214.
  3. ^ a b 關尾史郎 「五胡の会新潟大学人文学部東洋文化史研究室公式ホームページ(教員>五胡の会 参照)、2012年12月5日閲覧.
  4. ^ 關尾史郎 「教員紹介 -關尾史郎の自己紹介-新潟大学人文学部東洋文化史研究室公式ホームページ(教員>自己紹介 参照)、2012年12月5日閲覧.
  5. ^ 五胡の会公式ページ (トップページ) 2012年12月5日閲覧.
  6. ^ 早稲田大学公式サイト博士学位授与者」 2012年12月5日閲覧.
  7. ^ CiNii Books 公式サイト五胡十六国の基礎的研究」 2012年12月5日閲覧.
  8. ^ 五胡十六国霸史輯佚(稿)五胡の会ブログ2010年3月25日付、2012年12月5日閲覧.
  9. ^ 五胡十六国霸史輯佚「正誤」 2010年3月段階五胡の会ブログ2010年6月10日付、2012年12月5日閲覧.
  10. ^ 『五胡十六国覇史輯佚』ついに刊行五胡の会ブログ2012年3月14日付、2012年12月5日閲覧.
  11. ^ 早稲田大学公式サイト博士学位授与者」 2012年12月5日閲覧.
  12. ^ a b CiNii Books 公式サイト五胡十六国の基礎的研究」 2012年12月5日閲覧.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]