アブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン 男爵(Abraham Constantin Mouradgea d'Ohsson、1779年11月26日 - 1851年12月25日)は、オスマン帝国におけるアルメニア系外交官歴史家。『チンギス・カンよりティムール・ベイすなわちタメルランに至るモンゴル族の歴史』(邦題:『蒙古史』、『モンゴル帝国史』)の著者として有名であった。

略歴[編集]

1779年11月26日イスタンブールで生まれる。

父のイグナティウス・ムラジャ・ドーソンはアルメニア系の人で、同じくイスタンブールの前身であるコンスタンティノープルに生まれ、商人であったが、スウェーデンの役人になり、コンスタンティノープルのスウェーデン大使館通訳参事官の職を経て、1795年公使に進み、1807年8月27日フランスで他界した。

息子であるコンスタンティン・ムラジャ・ドーソンもスウェーデンの外交官となり、パリに駐在した後、1816年から1835年までハーグ駐在のスウェーデン公使となり、1835年、ベルリンに駐在を命ぜられ、1851年12月25日、ベルリンで他界した。

人物[編集]

ドーソンはトルコのアルメニア系人であったことにもよるが、語学に堪能で、文字どおりのポリグロットであって、独語はもとより、アルメニア語トルコ語ペルシア語アラビア語シリア語など10数ヵ国の言語に通じ、自由自在に写本を読破したものとみられ、とくに彼はパリの王立図書館(現在の国民図書館)で『蒙古史』の基本史料をなすペルシア語、アラビア語写本を検索した。

著書[編集]

  • 『Des peuples du Caucase et des pays au nord de la Mer Noire et de la Mer Caspienne dans le 10e siècle, ou Voyage d'Abou el-Cassim.(10世紀におけるコーカサス、黒海、カスピ海北方の諸民族、すなわちアブル・カスィムの旅行記)』(パリ、1828年)
  • 『Histoire des Mongols, depuis Tchinguiz-Khan jusqu'à Timour bey ou Tamerlan.(チンギス・カンよりティムール・ベイすなわちタメルランに至るモンゴル族の歴史)』(アムステルダム、1834年 - 1835年)

参考資料[編集]