カンゼ・チベット族自治州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 四川省 カンゼ・チベット族自治州
丹巴県の山村の風景
丹巴県の山村の風景
四川省中のカンゼ・チベット族自治州の位置
四川省中のカンゼ・チベット族自治州の位置
簡体字 甘孜藏族自治州
繁体字 甘孜藏族自治州
拼音 Gānzī Zàngzú Zìzhìzhōu
カタカナ転写 ガンズーツァンツーズーチーヂョウ
チベット語 དཀར་མཛེས་བོད་རིགས་རང་སྐྱོང་ཁུལ་
ワイリー方式 dkar-mdzes bod-rigs rang-skyong khul
蔵文 Garzê Poirig Ranggyong Kü
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
行政級別 自治州
面積
総面積 152,629 km²
人口
総人口(2004) 92 万人
経済
電話番号 0836
郵便番号 626000
ナンバープレート 川V
行政区画代碼 513300
公式ウェブサイト http://www.gzz.gov.cn/

カンゼ・チベット族自治州(カンゼ・チベットぞくじちしゅう)は、中華人民共和国四川省に位置する自治州。チベット語名の「カンゼ(dkar mdzes)」とは、「白く美しい」の意で、中国語名の「甘孜」はその音写である。

日本語ではチベット語にもとづく「カンゼ」というカナ転写のほか、漢字の表記を音写した「カンツー」などの表記例が見られる。漢字名の音読みは「かんし」。「プーリー」は「チベット民族」、「ランキョン」とは「自治」の意で、クルはに相当する地方行政単位。チベットの伝統的な地理区分ではカム地方の東部に相当する。

概要[編集]

中国語では、チベット自治区チャムド地区やこの州などのカム地方を「康」と略称する。この州の州都の中国名「康定(カンディン、チベット名: タルツェド、tar rtse mdo)」は、「カムの地を平定する」の意[1]

カム地方の人々はチベット語で「カムパ (khams pa)」と称し、中国語でもこれを音訳して康巴(カンパ、拼音: Kāngbā)地区あるいは康区ともいう。東は四川省のアバ・チベット族チャン族自治州雅安市、南は涼山イ族自治州雲南省デチェン・チベット族自治州と接し、西は金沙江(ディチュ河)沿いにチベット自治区のチャムド地区、北は青海省の、玉樹チベット族自治州ゴロク・チベット族自治州と接する。

州内には沙魯里山脈大雪山脈など、南北に走り横断山脈を構成する非常に高い山脈が連なる。また中央を雅礱江 (nyag-chu)が流れる。

1950年代には、中国共産党によるチベット併合を巡って、カム反乱が起こった。

民族[編集]

  • チベット族 - 康定県以西の山地
  • 漢族 - 瀘定県に集まり、康定県、丹巴県、九竜県に雑居する
  • イー族 - 九竜県及び瀘定県磨西鎮
  • 回族 - 各地に散居するが、康定県に比較的多い。
  • チャン族 - 丹巴県

歴史[編集]

この地方の詳細な歴史は「カム (チベット)」を参照。
  • 1725年 - 雍正のチベット分割の際、この地のチベット人諸侯たちの所領は四川省に配分され、四川総督を介して清朝皇帝より所領の安堵を受ける(「カンゼ地方」という地域的枠組みの起源)。
  • 1905年 - 1910年 - 四川総督趙爾豊は四川兵を率い、この地よりラサに至るまでの領域を占領、この地の諸侯や「西蔵」のガンデンポタンを取り潰し、「西蔵」「西康」の二つのを設置しようと構想。
  • 1912年 - 1933年 - 辛亥革命により、建設途上にあった趙の事業は瓦解、ガンデンポタンはチベット国の独立と国土回復を目指して東進、この地は中国とチベットの争奪の舞台となる。
  • 1936年 - 長征途上の中国共産党、西康各地のチベット人たちに「チベット人政府(波巴政府)」を樹立させ、5月1日、これらの代表をカンゼにあつめて「チベット人政権全国大会」を開催、「チベット人人民共和国中央政府」を組織させる。
  • 1939年 - 中華民国国民政府、名目上はカム全域を領域として西康省を発足させる。
  • 1950年12月15日 - 中華人民共和国人民政府、西康省の名目上の領域のうち、西康省が実効支配を確立していたディチュ河以東の地に西康省蔵族自治区を設置。
  • 1955年 - 西康省およびチベット族自治区を廃止し、「自治州」に格下げして四川省に併合、カンゼ・チベット族自治州となる。

行政区画[編集]

カンゼ・チベット族自治州は1県級市、17県を管轄する

ダルツェンドの街並み
ロンタクにあるギャロン・チベット族の石塔
ラルンガル・ゴンパ
丘の上にそびえるガンゼ・ゴンパ
リタン・ゴンパ
チャクテンの住居

年表[編集]

康定専区[編集]

西康省チベット族自治区[編集]

  • 1951年3月7日 - 金湯設治局が康定県に編入。(20県)
  • 1951年12月8日 - 炉霍県の一部が川西行署区茂県専区靖化県に編入。(20県)
  • 1952年5月9日 (20県)
  • 1952年11月9日 (6県)
    • 甘孜県・道孚県・炉霍県・徳格県・鄧柯県・石渠県・新竜県・白玉県がチベット族自治区甘孜弁事処に編入。
    • 理塘県・巴塘県・郷城県・稲城県・得栄県・義敦県がチベット族自治区理塘弁事処に編入。
  • 1954年8月19日 - 雅安専区石棉県の一部が瀘定県に編入。(6県)
  • 1955年3月 - チベット族自治区がチベット族自治州に改称。
チベット族自治区甘孜弁事処
  • 1952年11月9日 - チベット族自治区甘孜県道孚県炉霍県徳格県鄧柯県石渠県新竜県白玉県を編入。チベット族自治区甘孜弁事処が成立。(8県)
  • 1955年3月 - チベット族自治区甘孜弁事処がチベット族自治州甘孜弁事処に改称。
チベット族自治区理塘弁事処
  • 1952年11月9日 - チベット族自治区理塘県巴塘県郷城県稲城県得栄県義敦県を編入。チベット族自治区理塘弁事処が成立。(6県)
  • 1955年3月 - チベット族自治区理塘弁事処がチベット族自治州理塘弁事処に改称。

西康省チベット族自治州[編集]

  • 1955年7月30日 - 西康省の分割により、四川省チベット族自治州となる。
西康省チベット族自治州甘孜弁事処
  • 1955年7月30日 - 西康省の分割により、四川省チベット族自治州甘孜弁事処となる。
西康省チベット族自治州理塘弁事処
  • 1955年7月30日 - 西康省の分割により、四川省チベット族自治州理塘弁事処となる。

四川省チベット族自治州[編集]

  • 1955年11月9日
    • 瀘定県が雅安専区に編入。
    • 康定県・乾寧県・九竜県・丹巴県・雅江県がカンゼ・チベット族自治州康定弁事処に編入。
四川省チベット族自治州甘孜弁事処
  • 1955年11月9日 - 甘孜県・道孚県・炉霍県・新竜県・白玉県・石渠県・鄧柯県・徳格県がカンゼ・チベット族自治州に編入。
四川省チベット族自治州理塘弁事処
  • 1955年11月9日 - 理塘県・義敦県・郷城県・稲城県・巴塘県・得栄県がカンゼ・チベット族自治州理塘弁事処に編入。

カンゼ・チベット族自治州[編集]

  • 1955年11月9日 - チベット族自治州甘孜弁事処甘孜県道孚県炉霍県新竜県白玉県石渠県鄧柯県徳格県を編入。カンゼ・チベット族自治州が成立。(8県)
  • 1956年4月13日 - 甘孜県・炉霍県の各一部が合併し、色達県が発足。(9県)
  • 1958年5月16日 - カンゼ・チベット族自治州康定弁事処康定県乾寧県九竜県丹巴県雅江県瀘定県、カンゼ・チベット族自治州理塘弁事処理塘県義敦県郷城県稲城県巴塘県得栄県を編入。(21県)
  • 1958年10月20日 - 色達県の一部がアバ・チベット族自治州馬爾康県綽斯甲県大金県の各一部と合併し、アバ・チベット族自治州壌塘県となる。(21県)
  • 1958年11月17日 - 新竜県の一部が雅江県・炉霍県・道孚県に分割編入。(21県)
  • 1958年11月25日 (21県)
    • 理塘県の一部が雅江県に編入。
    • 丹巴県の一部が乾寧県に編入。
  • 1959年8月28日 (21県)
    • 色達県の一部がアバ・チベット族自治州壌塘県に編入。
    • アバ・チベット族自治州小金県の一部が丹巴県に編入。
  • 1960年12月26日 - アバ・チベット族自治州壌塘県の一部が色達県に編入。(21県)
  • 1961年12月30日 (21県)
    • 新竜県の一部(呷衣村・布里村・吾老西村・黒悪村)が理塘県に編入。
    • 理塘県の一部(衣拉村)が新竜県に編入。
  • 1978年7月1日 (18県)
    • 乾寧県が道孚県・雅江県に分割編入。
    • 鄧柯県が石渠県・徳格県に分割編入。
    • 義敦県が巴塘県・理塘県に分割編入。
  • 1991年7月26日 - 理塘県の一部が巴塘県に編入。(18県)
  • 1992年11月11日 - 巴塘県の一部が得栄県に編入。(18県)
  • 2015年2月17日 - 康定県が市制施行し、康定市となる。(1市17県)
カンゼ・チベット族自治州康定弁事処
  • 1955年11月9日 - チベット族自治州康定県乾寧県九竜県丹巴県雅江県を編入。カンゼ・チベット族自治州康定弁事処が成立。(5県)
  • 1956年10月8日 - 雅安専区瀘定県を編入。(6県)
  • 1958年5月16日 - 康定県・乾寧県・九竜県・丹巴県・雅江県・瀘定県がカンゼ・チベット族自治州に編入。
カンゼ・チベット族自治州理塘弁事処
  • 1955年11月9日 - チベット族自治州理塘弁事処理塘県義敦県郷城県稲城県巴塘県得栄県を編入。カンゼ・チベット族自治州理塘弁事処が成立。(6県)
  • 1958年5月16日 - 理塘県・義敦県・郷城県・稲城県・巴塘県・得栄県がカンゼ・チベット族自治州に編入。

出身人物[編集]

注釈、出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 旅行人ノート『チベット』2006年
  2. ^ ロラン・デエ p.196
  3. ^ ロラン・デエ p.98
  4. ^ ロラン・デエ p.152

参考文献[編集]

外部リンク[編集]