海西モンゴル族チベット族自治州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 青海省 海西モンゴル族チベット族自治州
ᠬᠠᠢᠢᠰᠢ ᠵᠢᠨ ᠮᠣᠨᠭᠭᠤᠯᠲᠥᠪᠡᠳᠦᠨᠳᠦᠰᠦᠲᠡᠨ ᠦᠦᠪᠡᠷᠳᠡᠭᠡᠨ ᠵᠠᠰᠠᠬᠤ ᠵᠸᠤ
མཚོ་ནུབ་སོག་རིགས་ཆ་བོད་རིགས་རང་སྐྱོང་ཁུལ་
長江の源流
長江の源流
青海省中の海西モンゴル族チベット族自治州の位置
青海省中の海西モンゴル族チベット族自治州の位置
中心座標 北緯37度18分 東経97度24分 / 北緯37.300度 東経97.400度 / 37.300; 97.400
簡体字 海西
繁体字 海西
拼音 Hăixī
カタカナ転写 ハイシィ
モンゴル文字 ᠬᠠᠢᠢᠰᠢ
チベット語 མཚོ་ནུ
ワイリー方式 Mtsho-nub
蔵文 Conub Sogrig
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
青海
行政級別 自治州
面積
総面積 325,800 km²
人口
総人口(2003) 36 万人
経済
電話番号 0977
郵便番号 817000
ナンバープレート 青H
行政区画代碼 632800
公式ウェブサイト http://www.haixi.gov.cn/

海西モンゴル族チベット族自治州(かいせい-モンゴルぞく-チベットぞく-じちしゅう、モンゴル文字:ᠬᠠᠢᠢᠰᠢ ᠵᠢᠨ
ᠮᠣᠨᠭᠭᠤᠯ
ᠲᠥᠪᠡᠳ
ᠦᠨᠳᠦᠰᠦᠲᠡᠨ ᠦ
ᠦᠪᠡᠷᠳᠡᠭᠡᠨ
ᠵᠠᠰᠠᠬᠤ
ᠵᠸᠤ
 転写:Qayisi-yin Moŋɣol Töbed öbertegen jasaqu jėü、チベット文字:མཚོ་ནུབ་སོག་རིགས་ཆ་བོད་རིགས་རང་སྐྱོང་ཁུལ་)は、中華人民共和国青海省に設置されたチベット族およびモンゴル族を自治の主体民族とする自治州の一つ。

チベット名ツォヌプの「ツォ (mtsho)」、モンゴル名の「ノール ᠨᠠᠭᠤᠷ」とは、「青海湖(チベット名:ティショルギャルモ湖、 モンゴル名フフ・ノール ᠬᠥᠬᠡᠨᠠᠭᠤᠷ) を、チベット名「ヌプ (nub)」、モンゴル名「バロン ᠪᠠᠷᠠᠭᠤᠨ」」とは「西」を意味し、あわせて「ティショルギャルモ湖の西」を意味する。中国名「海西」はその逐語訳である。

自治州面積は青海省の45%を占める。州都はデリンハ市。チベットの伝統的な地理区分ではアムド地方の北部に相当する。またモンゴル人が伝統的に「デート・モンゴル(高地モンゴル)」と称してきた地の大部分を占める。

地理[編集]

チベット高原北部、青海省の西部に位置し、西は新疆ウイグル自治区、北は甘粛省、南は青海省玉樹チベット族自治州およびゴロク・チベット族自治州、東は青海省の海北チベット族自治州および海南チベット族自治州と接する。また本州の西南方には、玉樹チベット族自治州とチベット自治区ナクチュ市に囲まれた飛地がある。

自然地理的には中国四大盆地のひとつであるツァイダム盆地に所在し、北はアルチン山脈祁連山脈、南はバヤンカラ山脈に囲まれている。州内の平均海抜は 3,000 メートル前後、年平均気温は摂氏マイナス5.6度からマイナス5.2度で寒冷な大陸性高原気候である。州東部は農牧地帯、州西部は鉱工業地区となっているが、大部分は人煙稀な地域である。

歴史[編集]

古代には西羌の地であり、東晋後期から時代には吐谷渾吐蕃の支配下にあった。初には東モンゴル諸部が進入し、1639年よりグシ・ハン属下のオイラト族が移住し、彼らはグシ・ハン王朝の権力基盤となった。

この地域シルクロードの間道にあたり、東西交通史で重要な役割を果たしている。中国が指定した国家重点文化保護単位として、都蘭県の熱水吐蕃古墓群などがある。

  • 1954年 海西モンゴル蔵族カザフ族自治区が成立し、都蘭に自治区人民政府がおかれた。
  • 1955年 自治州に改称。
  • 1963年 海西モンゴル族蔵族カザフ族自治州と改称
  • 1966年 自治州人民政府はデリンハ市に移転
  • 1985年 1930年代に新疆方面から侵入し、この地の住人となっていたカザフ族を新疆に再移住させ、海西モンゴル族蔵族自治州と改称して現在に至っている。

行政区画[編集]

2市、3県、3行政委員会を管轄する。

海西モンゴル族チベット族自治州の地図

年表[編集]

海西蒙蔵カザフ族自治区[編集]

  • 1953年8月8日 - 青海省都蘭自治区を編入。海西蒙蔵カザフ族自治区が成立。(1自治区)
  • 1953年9月30日 (2自治区)
  • 1955年5月 - 都蘭チベット族自治区の一部が分立し、ツァイダム工作委員会となる。(2自治区)
  • 1955年7月28日 - 海西蒙蔵カザフ族自治区が海西蒙蔵カザフ族自治州に改称。

ツァイダム工作委員会[編集]

  • 1955年5月 - 海西蒙蔵カザフ族自治区都蘭チベット族自治区の一部が分立し、ツァイダム工作委員会が発足。(1工作委員会)
  • 1955年10月23日 - ゴルムド工作委員会を設置。(1工作委員会)
  • 1956年1月18日 - ゴルムド工作委員会がツァイダム盆地工作委員会に編入。

海西蒙蔵カザフ族自治州[編集]

  • 1955年10月23日 - 都蘭チベット族自治区の一部が分立し、デリンハ工作委員会が発足。(2自治区1工作委員会)
  • 1955年10月31日 (2県1工作委員会)
    • 都蘭チベット族自治区が県制施行し、都蘭県となる。
    • 天峻チベット族自治区が県制施行し、天峻県となる。
  • 1958年4月8日 - デリンハ工作委員会が県制施行し、デリンハ県となる。(3県)
  • 1958年11月3日 - 都蘭県の一部が分立し、茶卡工作委員会が発足。(3県1工作委員会)
  • 1958年3月22日 - 茶卡工作委員会が県制施行し、烏蘭県となる。(4県)
  • 1962年10月20日 - デリンハ県が烏蘭県に編入。(3県)
  • 1963年8月26日 - 海西蒙蔵カザフ族自治州が海西モンゴル族チベット族カザフ族自治州に改称。

ツァイダム盆地工作委員会[編集]

  • 1956年1月18日 - ツァイダム工作委員会ゴルムド工作委員会を編入。ツァイダム盆地工作委員会が成立。(4工作委員会)
  • 1957年4月3日 - ツァイダム盆地工作委員会がツァイダム盆地行政委員会に改称。

ツァイダム盆地行政委員会[編集]

  • 1958年1月4日 - ツァイダム盆地行政委員会がツァイダム行政委員会に改称。

ツァイダム行政委員会[編集]

  • 1959年9月26日 - 馬海臨時工作委員会の一部が分立し、冷湖市臨時工作委員会が発足。(5工作委員会)
  • 1960年11月17日 (3市3工作委員会)
    • 馬海臨時工作委員会・ゴルムド工作委員会の各一部が合併し、大柴旦市が発足。
    • ゴルムド工作委員会が市制施行し、ゴルムド市となる。
    • 冷湖市臨時工作委員会が市制施行し、冷湖市となる。
  • 1963年8月26日 - 大柴旦市・冷湖市・ゴルムド市・茫崖臨時工作委員会・馬海臨時工作委員会・タンラ山工作委員会が海西モンゴル族チベット族カザフ族自治州に編入。

海西モンゴル族チベット族カザフ族自治州[編集]

  • 1963年8月26日 - 海西蒙蔵カザフ族自治州が海西モンゴル族チベット族カザフ族自治州に改称。(3市3県3工作委員会)
    • ツァイダム行政委員会大柴旦市冷湖市ゴルムド市茫崖臨時工作委員会馬海臨時工作委員会タンラ山工作委員会を編入。
  • 1964年6月5日 (1市3県2鎮3工作委員会)
    • 冷湖市が鎮制施行し、冷湖鎮となる。
    • 大柴旦市が鎮制施行し、大柴旦鎮となる。
  • 1964年7月21日 (1市3県3鎮)
    • タンラ山工作委員会がゴルムド市に編入。
    • 茫崖臨時工作委員会が鎮制施行し、茫崖鎮となる。
    • 馬海臨時工作委員会が冷湖鎮に編入。
  • 1965年3月27日 - ゴルムド市が県制施行し、ゴルムド県となる。(4県3鎮)
  • 1980年6月14日 - ゴルムド県および茫崖鎮の一部が合併し、ゴルムド市が発足。(1市3県3鎮)
  • 1984年5月 - 茫崖鎮が行政委員会に移行し、茫崖行政委員会となる。(1市3県2鎮1行政委員会)
  • 1985年4月24日 - 海西モンゴル族チベット族カザフ族自治州が海西モンゴル族チベット族自治州に改称。

海西モンゴル族チベット族自治州[編集]

  • 1988年4月19日 - 烏蘭県の一部が分立し、デリンハ市が発足。(2市3県2鎮1行政委員会)
  • 1992年 (2市3県3行政委員会)

民族[編集]

総人口37万人のうち、漢族が最多で30万人近く、モンゴル族2.5万人、チベット族4.1万人、残りは回族などわずかである。近年の移住によって漢族人口が増加した。

参考文献[編集]

  • A. Gruschke: The Cultural Monuments of Tibet’s Outer Provinces: Amdo - Volume 1. The Qinghai Part of Amdo, White Lotus Press, Bangkok 2001. ISBN 974-480-049-6
  • Tsering Shakya: The Dragon in the Land of Snows. A History of Modern Tibet Since 1947, London 1999, ISBN 0-14-019615-3

外部リンク[編集]