瀘定県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 四川省 瀘定県
大渡河に架かる瀘定橋
大渡河に架かる瀘定橋
瀘定県の位置
瀘定県の位置
簡体字 泸定
繁体字 瀘定
拼音 Lúdìng
カタカナ転写 ルーディン
チベット語 ལྕགས་ཟམ།
ワイリー方式 Lcags zam
蔵文 Chagsam
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
自治州 甘孜
行政級別
面積
総面積 2,165 km²
人口
総人口(2004) 8 万人
経済
電話番号 0837
郵便番号 626200
行政区画代碼 513322
公式ウェブサイト http://www.luding.gov.cn/

瀘定県(ろてい-けん、チャクサム、lcags zam)は中国四川省カンゼ・チベット族自治州東南部に位置する

地理・民族[編集]

長江水系の大きな支流である大渡河の中流が県を北から南へ貫き、その他大渡河の支流の多くが流れる。チャクサム県はチベット高原から四川盆地へと地形が遷る途中にあるが、非常に山がちで大雪山脈などの高い山脈も貫いている。最高峰は県中心の60kmほど南にある大雪山脈の主峰ミニヤコンカ(貢嘎山、標高7,556m)。川沿いは深い峡谷になっており、町や集落はその中に集中する。

チャクサムの総人口は8万人ほどであるが、民族構成では漢族が85%を占める。次いでチベット族彝族など。

歴史[編集]

この地は古くから中国の各王朝が県や軍隊を置いてきた。1706年には大渡河を渡る吊り橋瀘定橋が作られるなど交通の要衝でもある。末期より世襲の土司から中央が支配権を回収する政策(改土帰流)がとられ、民国元年(1912年)に瀘定県が置かれた。

1935年には紅軍長征中、経路の途中にある瀘定橋を巡って国民党軍部隊との間に戦闘が起こった。この戦いは「飛奪瀘定橋」として革命史上有名である。

経済[編集]

チャクサムには水量が豊かで流れの早い大河が多く水力資源が豊富である。これを生かした水力発電が盛んで、中国華電グループは瀘定橋の上流に80万kwの発電容量を誇る瀘定水力発電所を建設している。これは大渡河に沿って多数造られる予定のダムと発電所の一つである。

その他、農林業、薬草採集、観光業などがチャクサムの主な産業。

行政区画[編集]

区分 名称
4 瀘橋 冷磧 興隆 磨西
8 嵐安 烹壩 田壩 杵坭 加郡 徳威 新興 得妥

外部リンク[編集]