平岡武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平岡 武夫(ひらおか たけお、1909年12月10日 - 1995年5月31日)は、中国哲学者、専攻は儒教経典の成立史的研究など。京都大学名誉教授。

大阪出身。京都帝国大学文学部を卒業、東方文化研究所研究員、京大人文科学研究所助教授、1960年教授、71年付属図書館長。73年定年退官、名誉教授、日本大学教授。83年退職、日本学士院会員。

著書[編集]

  • 経書の成立 支那精神史序説 全国書房 1946 東京文化研究所研究報告
  • 経書の伝統 岩波書店 1951
  • 漢字の形と文化 ハーバード燕京同志社東方文化講座委員会 1959
  • 白居易 筑摩書房 1977.12 中国詩文選
  • 経書の成立 天下的世界観 創文社 1983.12 東洋学叢書
  • 白居易 生涯と歳時記 朋友書店 1998.6 朋友叢書
  • 平岡武夫遺文集 礪波護編 私家版 2002.9

翻訳[編集]

  • 古史弁自序 顧頡剛 創元社 1940 創元支那叢書
  • 歴史小品 郭沫若 岩波新書 1950、岩波文庫 1981
  • ある歴史家の生い立ち 古史弁自序 顧頡剛 岩波書店 1953、岩波文庫 1987 
  • 白氏文集 全3冊 白居易 今井清と校訂 京都大学人文科学研究所 1971-73
  • 全釈漢文大系 1 論語 集英社 1980.5
  • 白氏文集歌詩索引 全3冊 今井清と共編 同朋舎 1989.10

参考[編集]

  • 日本人名大辞典 
  • 平岡武夫先生年譜・著作目録 「漢學研究」1983.2