孫盛 (孫呉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

孫 盛(そん せい、生没年不詳)は、中国三国時代の将軍。

222年曹真夏侯尚張郃らが呉の朱然が防衛する江陵に攻め入った。孫盛は1万の兵を率いて援軍に赴き、長江の中州に砦を築いて朱然を助けた。だが、艦隊を率いて中州の砦を攻めた張郃に敗れて退却し、中州の砦を奪われた。孫盛が敗走し砦を奪われたので、朱然は外部との連絡を絶たれてしまった。正史『三国志』には、孫盛について、これだけしか記されていない。

『三国志』魏書文帝紀の注に引く『魏書』によると、この戦いで多くの呉兵が溺死したとある。