水経注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水経注(すいけいちゅう)は、中国北魏代の地理書である。40巻。撰者(注者)は酈道元469年 - 527年)、延昌4年(515年)の成立と推定される。

水経[編集]

その名の通り、本書は『水経』に対する注釈であり、本文も、「経」文に対する「注」文で構成されている。『水経』は、前漢代の桑欽の撰とされる(『唐六典』による)。但し、『隋書』「経籍志」には撰者を記さず、『旧唐書』「経籍志」では、『隋書』では注者とする代の郭璞を撰者としている。『通典』では、地名表記を考証した結果、後漢順帝以後の成立と述べている。朝末期の考証学者、楊守敬1839年 - 1915年)は、更に下って、三国の時代の成立としている。

伝歴[編集]

酈道元の『水経注』は当初40巻本であったが、10世紀前後には、亡失の巻が出て完本ではなくなっていた。それと共に、本来は別個であった経文と注文とが混雑してしまった。それを、の学者たちが調査し校合した結果、数種の復元がなされた。その中で最も詳細な考証を加えたのが、明の朱謀㙔が1615年に撰した『水経注箋』である。その土台の上に、全祖望1705年 - 1755年)や戴震1723年 - 1777年)らがテキストを復元した。

目録[編集]

テキスト[編集]

  • 『合校水経注』(王先謙
  • 『水経注疏要刪』(楊守敬、熊会貞

参考文献[編集]